美容院を変える時に勇気が要る!!でも恐れない! You do need courage changing your hairdresser…but never be afraid!!

Hairdressers window-021

Hairdressers window-021 (Photo credit: Duncan Holmes)

私は 鳥取で 24年間 同じ美容院に常連として 通っていました。お値段がとっても 高いけど 技術が素晴らしいので納得していました。しかし、先生が 知ったかぶり、そして自分のポロシーだらけで 癒しどころか 肩がこるほどの 神経を使う 体験続きでした。そして、最近、先生ご自分の 保守的な考えについて 一方的な講演の後 神経を使い、高いお金を払いながら 何をしているか自分に問いました。24年間(大雪の時も 微熱の時、悪いと思うのでキャンセルもせず)通った。 客には 考慮が足りないと 思い、優しい友人に 別のお店で私の髪が出来るか 聞いて貰いました。行って来ました。びっくりしました。気さく、丁寧、思いやるサービス、マサージと楽しい会話!そして、一番大事なこと→ 綺麗に出来上がった!帰りにお支払する時も びっくり!今まで の値段より 40%減!24年間 神経ピリピリ「ヘンコツ」サロン通った自分が馬鹿みたいでした!やはり 変化を恐れたらいけませんね.紹介して下さった友人に大感謝!!ありがとうございます。

新しい美容院→http://www.iceberg-1.com/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I have been going to the same hairdresser in Tottori for 24 years. Very expensive, good at his job but too pumped with his self-importance. Recently, when he started to preach his conservative doctrine, I had to ask myself what I was doing, always leaving feeling tense? Honestly, you would think there would be some sort of reward for being a loyal patron for 24 years? But then again, I guess he thought that he was the only person who could do my hair and felt he was doing me a favour?? Well, a good friend put in a word to her hairdresser, and they did a great job!! Phew!!! Good buy old hairdresser! They were friendly, considerate, polite, talkative, they gave great massages and the overall price was 40% cheaper than what I paid before!! I guess this shows we should never fear change??? Thank you good friend for helping me out!!

我が家の塩麹 Home made rice yeast probiotic

我が家+東京組の子供たちの塩麹を 今日か2週間寝かす・・・・ 今回も上手に出来ると 良いですけど・・・

 

デトクス効果も 抜群、そしてどんな料理でも美味しさ倍増!!毎日、朝からの トーストの上に載せて頂いています・・・

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Homemade pro-biotics made from rice yeast. One for us and the other two are for kids in Tokyo… just have to wait two more weeks…

 

A great alternative detox and a “secret” ingredient that brings out the taste in any food,

 

I even put it on my toast for breakfast.

 

パリから頂いたおしゃれなワイン Best dressed wine!!

開けて爆笑!!! 友人がパリで買って下さったワインが 壊れないように(新しい)靴下に ドレスアップしてくれました。ワインが可愛いか 彼らが可愛いか?? 靴下も 良い色だし・・・ 履かせて頂きます!でも、その前、訳の分からない人に飲まれないように ソクスを履いたまま ワインセラーに 入れる予定です・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The best dressed wine I have ever seen!! Thank you Alan and Jimmy. I burst out laughing when I opened the box! You two are CUTE!!

JM and I have decided that the wine bottles will go into wine cellar WITH the socks on so they don’t get mixed up and consumed by “some drunk”…………..

素敵な夫婦愛の 話・・・・

あるブログから 夫婦愛についての素敵な 話を読みました→

 

 

 

今から60年前、私の父母の結婚式の写真です。
お見合いだそうですが、実は母は結婚式の当日に夫となる父を初めて見たそうです。
当時は親が結婚相手を決め、子供は言われるままに結婚をすることが当たり前だったようですが、いまでは考えられませんね^^

 
子どもの頃聞かされた話ですが、母が幼いころ、祖母と野菜の買い出しに行った帰り、荷物が重すぎて、母は後ろに倒れてしまいリュックの中の野菜をごろごろと転がしてしまったそうです。
周りの乗客に「子供にこんな荷物を背負わせて…」と祖母が怒声を浴びせられる中、転がった野菜を静かに拾ってくれた若い男の人がいたことを、母は子供ながら覚えていたそうです。
食べ物の貴重な時代でしたので、転がった野菜は心無い人に、ほとんど持っていかれてしまったそうで、そんな中、親切に拾ってくれた人のことを母がのちに語ったところ、
「それ俺じゃないか?」父が驚いた顔で、当時の電車のことなどはなしてくれたそうです。
聞けば聞くほど、内容が一致していたようで、母はとても感動していました。

現在父は他界してこの世にいませんが、一台のダンプで一生懸命働きながら、韓国へ引き上げ貧しい暮らしをしていた祖父と弟妹へ仕送りをしていた姿は今でも脳裏にのこっています。
他界する直前に、
「俺は死ぬのは一つも怖くない、死は無だから…。でも気がかりは残された、お母ちゃんのことだけだ…みんなでお母ちゃんを大切にしてやってくれ…それだけが俺の頼みだ…」
静かにそう語っていました。
その言葉に、長年つれそった夫婦の愛の深さを学びました

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

やはり夫婦はこうじゃなくてはならないですね。

 

親馬鹿の嬉しい 報告!!A proud parent’s announcement

就職難に関わらず、息子が外資系の大手で世界のBig Fourの中でも一番儲かってえる会計事務所に就職内定しました。 彼はよく頑張りました。 親馬鹿をお許し下さい・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Despite the recession and job shortage, our youngest son has been offered a job in a top tier (one of the big four) accounting company! We are all in shock, but VERY pleased. Please forgive this parent who needs to gloat!!!! We are just so proud!!!

JALではなく、アメリカン航空で行ったボストンが素晴らしかったです。A trip to Boston from Japan on American Airlines

アメリカン航空で ボストンに行って来ました。 数年、JALのみ 乗っていった、ので 抵抗がありました。

JALのコドシェアと言う事もあり (JALの切符として購入)、何時ものように JALのグロバルのファーストクラスで チェックインしようとして「場所が違う。アメリカン航空のチェックインカウンターに行って下さい」と馬鹿にされた態度で言われ、場所を聞いて行きました。JALのチェックインカウンターに誰も居なくて、ダイヤモンドのお客さんを大事に思うなら アメリカン航空のチェックインカウンターに連れて行っても良いと思いました。JALの心のサービスには未だ遠いと思いました。

いよいよ アメリカン航空に、乗ってみて、びっくりしました。チェックインの時からカジュアルな感じで親切に扱ってくれました。乗務員が 全員 気さくで楽しそうに仕事をしていました。楽しそうに仕事をしていたので ルールを押し付けることなく、乗客優先でした。乗務員が高く留まっていなくて、気を使わない 良いフライトでした。

ボストンは 秋の紅葉で 本当に綺麗でした。 気さくのフライトの 続きで 住民が 本当に優しくて細かい事を言わない。泊まるホテルも 気持ちよく 息子と同室させてくれました。 お食事に行っても お客さん優先でニーズに答えて下さる良い町でした。

4泊5日の旅で 観光名所をほぼ全部見ることが出来ました。 この町はさすが、ハーバードやMIT大学があり、勉強や研究環境として 素晴らしいところでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Have just returned from Boston, this time I flew on American Airlines. As I only every fly JAL I had no idea what to expect and was a little hesitant.

My ticket was bought through JAL on a co-shared flight with American Airlines. As I have done in the past, I went to the JAL Global Check-in counter at Narita ( I was in possession of a JAL ticket) , lifted my heavy bags up, presented my documents and then, in a most cynical way the JAL personnel told me I was at the wrong counter and needed to check in at American Airlines. There was hardly anyone at the airport, it wouldn’t have hurt for one of the JAL ground staff to take me there….I am a Diamond status. But that sort of spontaneous courtesy is non-existent with JAL.

Anyway, I check in at American Airlines and was pleasantly surprised by their casual but also pleasant attitude.

On the flight, the staff were relaxed and most amiable. They didn’t encroach on my personal space with ridiculous rules and fakes smiles, I could see they wall enjoyed their work and that showed in the attitude to the passengers.

So, then I arrived in Boston. Boston must be one of the nicest cities in the U.S. The people are extremely kind and courteous and are also willing to bend the rules to accommodate you. For example, they didn’t mind letting our son stay in our room, and even in restaurants they would let us have extras included in the specials….

We stayed for 4 nights and 5 days, the autumn colours were beautiful and it was just delight to walk around the city. I can see the attraction for students living in Boston, I would love to live there myself!

夜中の訪問者 A midnight visitor.

Keio University as seen from Tokyo Tower

Keio University as seen from Tokyo Tower (Photo credit: Wikipedia)

次男の東京の家に来ています。2LDKで二人でも 広々・・・、昨夜 同じ慶応大学生(本国の韓国で)の友人と飲みに行くと 言い出し出かけました・・・・2時に二人で帰って来て、今朝、気づいたらお友達は 台所の床で寝ました!!キャ!! 心配して上げたら「僕は軍隊に行って来たのでこれぐらいは 大丈夫です。泊まらせて頂いて ありがとうとうございます」。台所の床で寝たのに・・・

今朝、起きて、朝食を作って上げて 話をしたら 「お母さん、お母さん」と言い、さすがに礼儀正しく 感心しました。 今晩は泊りに来て欲しくないですが・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I am staying with my son in Tokyo. He has a 2 bedroom apartment so plenty of room for me too. Last night my son said he was going out to get some advice on job hunting from a Korean friend who also attends Keio University. THEY BOTH CAME BACK AT 2 am!! This morning I noticed the friend was sleeping on the kitchen floor. I asked him if he was alright, and he told me not to worry as he has finished his military service…..but he kept thanking me for letting him stay!

Feeling guilty., I made him breakfast and we had a chat. He was extremely polite and considerate as most young people from Korea are. I was very impressed.

All the same…………I don’t want him to come and stay again tonight!!!