素敵な夫婦愛の 話・・・・

あるブログから 夫婦愛についての素敵な 話を読みました→

 

 

 

今から60年前、私の父母の結婚式の写真です。
お見合いだそうですが、実は母は結婚式の当日に夫となる父を初めて見たそうです。
当時は親が結婚相手を決め、子供は言われるままに結婚をすることが当たり前だったようですが、いまでは考えられませんね^^

 
子どもの頃聞かされた話ですが、母が幼いころ、祖母と野菜の買い出しに行った帰り、荷物が重すぎて、母は後ろに倒れてしまいリュックの中の野菜をごろごろと転がしてしまったそうです。
周りの乗客に「子供にこんな荷物を背負わせて…」と祖母が怒声を浴びせられる中、転がった野菜を静かに拾ってくれた若い男の人がいたことを、母は子供ながら覚えていたそうです。
食べ物の貴重な時代でしたので、転がった野菜は心無い人に、ほとんど持っていかれてしまったそうで、そんな中、親切に拾ってくれた人のことを母がのちに語ったところ、
「それ俺じゃないか?」父が驚いた顔で、当時の電車のことなどはなしてくれたそうです。
聞けば聞くほど、内容が一致していたようで、母はとても感動していました。

現在父は他界してこの世にいませんが、一台のダンプで一生懸命働きながら、韓国へ引き上げ貧しい暮らしをしていた祖父と弟妹へ仕送りをしていた姿は今でも脳裏にのこっています。
他界する直前に、
「俺は死ぬのは一つも怖くない、死は無だから…。でも気がかりは残された、お母ちゃんのことだけだ…みんなでお母ちゃんを大切にしてやってくれ…それだけが俺の頼みだ…」
静かにそう語っていました。
その言葉に、長年つれそった夫婦の愛の深さを学びました

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

やはり夫婦はこうじゃなくてはならないですね。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s