浅川巧 白磁の人  Takumi Asakawa – The Man of White Porcelain

Joseon white porcelain with cloud and dragon p...

Joseon white porcelain with cloud and dragon patterns made during the mid Joseon dynasty of Korea. It has exhibited at National Museum of Korea in Seoul, South Korea (Photo credit: Wikipedia)

昨日の投稿後 素晴らしい 映画を見ましたー「道―白磁の人」をみて 浅川巧さんの事を 初めて 知りました。残念ながら 彼のことは あまり知られていない ようです。

浅川 巧(あさかわ たくみ、1891年(明治24年)1月15日 – 1931年(昭和6年)4月2日)は朝鮮民芸・陶芸の研究家・評論家。朝鮮半島で植林事業を行う傍ら、朝鮮半島の陶磁器と木工を研究紹介した。韓国の首都ソウル郊外の共同墓地に、浅川巧という一人の林業技手が眠っています。彼が生活した当時の朝鮮半島は、日本による植民地統治のもと、朝鮮の人たちへの蔑視や差別が当然のように行われていました。そんな社会情勢の中、彼は自らの意志で朝鮮の国と文化と人々を理解しようとし、そして、心から愛しました。墓の碑文には、ハングルで「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に生きた日本人、ここ韓国の土となる」と刻まれています。

日本と韓国の 掛け橋になろうとした 良心のある浅川巧さんについて 色々調べてみたいと 思います

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

After my post yesterday, I watched an amazing Japanese movie-Michi- a hakuji no hito (The man of white porcelain) and learned about a man called Takumi Asakawa.

Asakakawa was born in 1981 in Japan. During his life he worked as a forest engineer in the colonized Korea and with his brother he promoted Korean ceramics.

He lived in Korea in a time when Japanese regarded Koreans as second class citizens. However Takumi lived as a Korean, and died at the age of 40 after delivering his final words “bury my bones in the land of Joseon.” Beloved by the locals he was given a funerary procession, and would posthumously become well known for his work promoting Korean culture.

Unfortunately Asakawa is not well known in Japan, I hope to do more research into this great man and respect him for his integrity.

The Japan Times article on Takumi Asakawa and his brother.-http://www.japantimes.co.jp/text/fa20110825a1.html

サイバーレイスィズム Cyber-racism

Fight Discrimination

悲しくなる・・・・

サイバー・レイスィズムcyber-racism

来週、修士論文を大学で 発表します。テーマは 戦後における 在日コリアンの教育問題。ネットでパワーポイントのために写真をさがしていたら 「在日」を検索すると 必ずあの 反社会的、機能不全的な 2ちゃねるに 誘導される。匿名で 責任を 取らない 書き込みで 在日コリアンに対する 非人間的な 悲報の酷い差別表現・・・の数の多さに 情けなくなる。見ると 人間として 恥ずかしくなる。涙が出る。卑怯すぎる!! 他の先進国では サイバー・レイスィズムに 差別規制の 法律があるけど・・・

本当に 本当に嫌になった。このものが 存在したら どうしたら 明るい未来が 作れるかしら??

2ちゃねるを喜んで見る アナタは どうかしている・・・

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

This makes me really sad.

Cyber racism….

I am preparing a power point for a presentation I am giving (in Japanese) on my Master’s dissertation- Postcolonial Practices in Japanese Education and Their Effect on Zainichi Korean Students.

I have been searching around on the Japanese Internet to find some interesting pictures. When I type in “Korean” or “Japanese colonization of Korea” in Japanese I invariably end up in the very despicable, disgusting and dysfunctional Japanese website called 2 Channel

Here, “the little people” under the protection of anonymity contribute in the most appalling ways. They vilify Koreans in Japan as if they are less than human. It just goes to show that there is more negative content regarding Koreans on the internet than positive.

I regard this as a hate crime, in other countries there are vilification laws to protect minorities from this sort of cyber racism. It is ABSOLUTELY repulsive and I am sick of it!!

YOU out there, who feels the need to be racist behind the protection of a computer, I consider YOU a dysfunctional human being.

安倍晋三の 無知から出る 無責任の経済政策 Abe Shinzo’s ignorance on economic issues and the damage it will cause.

ブルームバーグの William Pesek の 素晴らしい 記事があったので 又 引用させて頂きました。次期 首相の 安倍晋三は 経済学の 無知でありながら 日銀に金融政策上での聖戦じみたことを迫る安倍氏の狙いは利益よりも害をもたらすだろう。鋭く反論した人たちの中には民主党の藤井裕久元財務相もいる。第2次大戦中の狂気と荒廃の中で育った数少ない政治家の1人である藤井氏(80)は先週、日銀が政府の戦費を賄うために国債を引き受けたことで、政府が愚かな戦争をすることを可能にしたと指摘。安倍氏が日銀法改正を望んでいることについて藤井氏は、改正することは中銀を政府の道具と位置付けていた1942年制定の旧日銀法の復活を意味するものだと付け加えた。

11月28日(ブルームバーグ):自由民主党の安倍晋三総裁は、日本の産業界の象徴的存在であるソニーとパナソニックのジャンク級(投機的水準)への格下げに遭っただけでは不十分なのだろう。来月の衆議院選挙で首相に選出される可能性が高い安倍氏は、円相場でも同じことをするかもしれない。

それが日銀に無制限の緩和を迫る安倍氏の願望の行き着く先だ。だが、日銀に金融政策上での聖戦じみたことを迫る安倍氏の狙いは利益よりも害をもたらすだろう。

世論調査では12月16日の衆院選後に安倍氏が政権を奪還してもう一度チャンスを得る見通しが示されている。安倍氏が2006-07年に首相に初めて就任した当時の政権運営は平凡で、重点は教育と防衛問題に置かれていた。再び首相に就任すれば、デフレ終息に狙いを定めるだろう。安倍氏にとってそれは金融の蛇口を無期限で開くことを意味する。

安倍氏は日銀に革命をもたらすだろうが、それは役に立たない方法によってだ。首相就任となれば、日銀トップ3人を選ぶ機会も得ることになり、白川方明総裁をもっと従順な総裁に交代させるだろう。ただ安倍氏は一連の発言の中で、無知の一線を越えて財政上無責任とされる領域に踏み込んだ。

国債利回り急上昇

インフレ醸成に関心を示す安倍氏の姿勢は、先進国で最大の公的債務残高という日本のジレンマを無視している。安倍氏の望み通り日銀が素早く3%のインフレ目標をを達成したとしよう。日本の頼みの綱である超低水準の借り入れコストは押し上げられ、がたつく金融システムをつなぎ留めていた1%未満の債券利回りが急上昇すれば、日本経済は壊滅し、円は投げ売りを浴びる恐れがある。

急速に高齢化が進み、中国の台頭で競争力が衰え、官民ともにリスク回避ムードが広がる日本にとって、それはひどい結末だろう。円が無秩序に急落すれば誰の利益にもならない。昨年の大震災後の原子炉運転停止で石油輸入を増やす必要に迫られる日本政府にとってはなおさらだ。

日銀の世界に対する影響力も既に疑わしい。新たな景気刺激策を追加するなどしても、トレーダーはあくびする。中国人民銀行(中央銀行)のように、日銀が政治家に支配されるものにしてしまうことは解決策ではない。

逆行

安倍氏は少しペダルを逆に踏んでいる。政府の支出を支えるために日銀に建設国債の買い取りを求めたが、多くの日本ウォッチャーと衝突し、フェイスブック で真意を明確にした。これは日本の政治家としては異例の行動で、金融についての安倍氏の考えをフォローする多くのエコノミストに「いいね!」ボタンをクリックさせている。

安倍氏の提案に彼らが必ずしも実際に賛同したわけではない。鋭く反論した人たちの中には民主党の藤井裕久元財務相もいる。第2次大戦中の狂気と荒廃の中で育った数少ない政治家の1人である藤井氏(80)は先週、日銀が政府の戦費を賄うために国債を引き受けたことで、政府が愚かな戦争をすることを可能にしたと指摘。安倍氏が日銀法改正を望んでいることについて藤井氏は、改正することは中銀を政府の道具と位置付けていた1942年制定の旧日銀法の復活を意味するものだと付け加えた。

金融刺激策だけでは日本は再生しないと安倍氏と自民党は考えなかったのだろうか。デフレ は20年にわたる日本経済の低迷の原因ではなく症状であるという認識がほとんどないようだ。財政政策と税制を見直せばはるかに良い状況になろう。日本のバランスシート不況を終わらせるには、あらゆる方向から需要が増えるような新戦略が必要だ。

再び厳しい年

今後1年も世界経済にとって再び厳しい年になるだろう。欧州危機には終わりが見えず、米国の景気回復は鈍いペースで、中国は成長の下支えに苦慮している。2013年になれば、これほど不安定な環境で消費税を引き上げた野田佳彦首相は何を考えていたのかと首をひねるエコノミストも出てくるだろう。

日本の次の財務相と日銀総裁を一緒に部屋に入れて新しい道を要求してみてはどうか。日本の債務は既に経済規模の2倍強の水準にあり、巨額の公共投資で成長を生み出す時代も、金融刺激策が経済を窮地から救う時代も終わった。金融をてこにする方策は見直されなければならないし、経済の規制緩和についても同じことが言える。

安倍氏が休日に経済学の入門書を手に取れば、日銀を乗っ取ることを考え直すかもしれない。どう控えめに見ても、安倍氏の金融政策への執着は、不正確なアイデアを持って首相に再び就任するという厄介な問題の前触れだ。安倍氏のフェイスブックに「やだね!」ボタンがあればいいのだが。(ウィリアム・ペセック)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I just found an interesting article written by William Pesek of Bloomberg.

He writes of Shinzo Abe, most likely Japan’s next Prime Minister.

It seems that despite being ill informed on matters of the economy, he plans to take on the Bank of Japan. Abe’s designs on the BOJ smack of a monetary jihad that would do more harm than good. One of the more pointed rebuttals came from former Finance Minister Hirohisa Fujii. At 80, Fujii is one the few policy makers who recalls growing up amid the insanity and devastation of World War II.

Read on….

For Shinzo Abe, it isn’t enough to see Sony Corp. and Panasonic Corp., two icons of industrial Japan, reduced to junk-debt status. The man who probably will become prime minister next month might do the same for the yen.

That is the upshot of his desire to browbeat the Bank of Japan into unlimited easing. Granted, his Liberal Democratic Party did that for most of the half-century it was in power until 2009. But Abe’s designs on the BOJ smack of a monetary jihad that would do more harm than good.

Polls suggest Abe will get a second crack at running Japan after a Dec. 16 election. His first one, from 2006 to 2007, was an exercise in mediocrity and focused on education and military matters. Round two will home in on ending deflation. To Abe, that means opening the monetary spigot indefinitely.

Abe may well revolutionize the central bank, though in unhelpful ways. He would get to pick the BOJ’s top three jobs, including replacing Masaaki Shirakawa with a more compliant governor. Yet Abe, in a series of comments, stepped way over the line of ignorance and veered into financial irresponsibility. Maybe the BOJ could do more. It might, for instance, pay greater attention to how the strong yen is gutting Japanese companies such as Sony and Panasonic, which Fitch Ratings Ltd. lowered to speculative grade on Nov. 22.

Rickety System

Abe’s interest in creating inflation ignores the dilemma hovering over Japan: the largest public debt in the industrialized world. Let’s say Abe gets his wish and the BOJ achieves 3 percent inflation in short order. That would drive up the ultra-low borrowing costs on which Japan depends. Sub-1 percent bond yields are the glue holding together a rickety financial system. A jump in yields could devastate the economy and trash the yen.

That would end badly for a nation with a rapidly aging population, waning competitiveness amid China’s ascent and risk- averse public and corporate sectors. A chaotic plunge in the yen is in no one’s interest, least of all a government that needs to import more oil to offset the nuclear reactors that were taken offline after last year’s enormous earthquake.

The BOJ’s global clout is already in doubt. When it intervenes in currency markets or adds new stimulus, traders yawn. Making the BOJ a more formal creature of politicians, turning it into a People’s Bank of China, isn’t the answer.

Abe is backpedaling a bit. His call for the BOJ to buy construction bonds to support government spending ran afoul of many Japan watchers. Abe took to Facebook to clarify, a rare step for a Japanese politician and one that has many economists clicking the “like” button to follow his monetary musings.

Not that they necessarily actually agree with what he is proposing. One of the more pointed rebuttals came from former Finance Minister Hirohisa Fujii. At 80, Fujii is one the few policy makers who recalls growing up amid the insanity and devastation of World War II.

“The central bank underwrote the government’s war machine, allowing the government to fight foolish wars,” he said last week. Of Abe’s desire to alter the BOJ’s charter, Fujii added, “Revising the BOJ law would mean a revival of the 1942 legislation.” The law made the BOJ an instrument of government, a relationship that wasn’t really ended until 1997.

Scary stuff. It makes claims that Federal Reserve Chairman Ben S. Bernanke has gone too far look quaint. Hard-money enthusiasts, such as Texas Congressman Ron Paul, would be aghast at what Abe has in mind for the monetary authority that backs one of the three main international currencies. Compared with Abe’s expectations for his central bank, Bernanke looks almost hawkish.

Deflation Symptoms

Has it not occurred to Abe and the LDP that monetary stimulus alone won’t revitalize Japan? There seems to be little recognition that deflation is a symptom of Japan’s two-decade- long economic drought, not its cause. Far more good would come from taking a fresh look at fiscal and tax policies. Ending Japan’s balance-sheet recession requires new strategies to increase demand from all directions.

The year ahead promises to be another rough one for the world economy — no end in sight toEurope’s crisis, America’s recovery proceeding slowly and China struggling to support growth. As 2013 unfolds, economists will wonder what Prime Minister Yoshihiko Noda was thinking when he raised consumption taxes in such a shaky environment.

Why not put Japan’s next finance minister and BOJ chief in a room together and demand a new course? Japan’s debt already equals more than twice the size of the economy, and the days of trying to generate growth with huge public-works projects are over. So is the time when monetary stimulus could save the day. The financial levers must be re-assessed. The same goes for deregulating the economy with more-flexible labor markets and fewer barriers to trade.

Perhaps it’s all talk. Maybe Abe will pick up an Economics 101 textbook over the holidays and think better of hijacking his central bank. At the very least, Abe’s monetary fixation portends something troubling about his second turn as prime minister: He is coming to the job with some bad ideas. If only his Facebook (FB) page had a dislike button.

大阪の朝鮮高級学校の還暦エベント The 60th anniversary for the Osaka Chongryun Korean school.

11月23日、大阪朝鮮高級学校の 還暦 エベントに 行って来ました。

天候が災厄の 状態に関わらず、あつい情熱が伝わって来ました。

大阪朝鮮高級学校の卒業生に 身内が居るため、案内人になって頂き、よくして貰いました。そして 以前から お付き合いをさせて頂いている先生も あつく歓迎して頂きました。

とっても大事な エベントで 教員も学生も 開催のため 以前から 一所懸命取り組んでいたそうです。 吹奏楽、合唱、や 屋台で お母さん達の手料理がありました。残念なことに 午後には 何にも残っていませんでした。数千人の参加なら 仕方がないですね。

今回、初めて 朝鮮学校に 足を入れました。私が 感じた事→

l  日本のマスコミは 朝鮮学校を 変なところと 報道するけど何の違和感はない・・

l  生徒が 素直で明るい。誰も外国人の私を 見て変な顔をしない

l  最近、外国人として 日本の社会が非常に 閉鎖的になっていると感じている。しかし朝鮮学校では ハングルや日本語のバイリングアルの環境で 開放的に感じました。

l  日本で差別を受けるマイノリティでありながら 皆さんがイキイキとしている。強い絆を感じた。

l  60周年と言う事で 在日コミュニティが大集合していました。人が人を支え合うことを目にしました。

l  無償化問題や援助問題のため 学校現場は 非常に苦しんでいる。以前、投稿したブログでこの問題について 書きました。そして、いずれ、学校を訪問してみたら 教育と 外交問題は はっきりと 区別をするべき。 在日コリアンの子供にも 人権があります。

紹介して頂いた方々に 私は 今度、大阪で修士論文の発表をすると 分かったら・・・出席者が急に増えた! キャ!!頑張らなくちゃ・・・ でも 嬉しい!!

大阪朝鮮高級学校は60周年間、色々な困難に立ち向かえながら よくここまで 生き残った。未来に向けて 在日コリアンの子供の アイデンテティ確立に 務めて欲しい・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

On the 23rd November I attended the 60th anniversary of the Chongryun Korean School in Osaka.

Heavy rain fell on that day, but it did nothing to dampen everyone’s spirits- “the show went on……”

Graduates going back to 60 years ago were at the school for the celebrations. One of our relatives is an alumni and he kindly offered to show us around. One of our friends is also a teacher at the school and he warmly greeted us too.

The Chongryun schools in Japan are very much the centre of the Korean communities here. I hear that the students, the teachers and the alumni worked incredibly hard to make the day a success. There was singing, and concerts by the bands as well as lots of homemade cooking by the mothers of the school. Unfortunately, when we got there after lunch the food was ALL gone…but I guess that is a good sign?

This was the first time I have set a foot inside a Chongryun school.

My impressions-

l  The Japanese press does their best to exemplify the Chongryun schools as peculiar, however this is not the case…..it was very much like any other normal school.

l  The students are all very gentle and very cheerful

l  As a foreigner, Japan is becoming a hard place to live in, but in this bilingual environment – Korean and Japanese, I felt quite at home with no strange looks

l  The Koreans in Japan represent a minority that still suffers discrimination, however here I sensed a strength that only peer support can provide

l  After 60 years the school is symbolic of a the community’s strength

l  In a recent blog I mentioned the Japanese government’s refusal to fund the Korean schools. Now, I feel even stronger on the injustice; diplomatic issues and educational issues must be separate. It is a human rights issue and the Korean students are being used as pawns as an excuse to discriminate against Koreans in Japan.

I was introduced to some nice people and the topic of my upcoming presentation in Osaka on my Master’s thesis arose….and before I knew it I had many people excitedly telling me they would come to listen. Wow…now I have to work real hard.

I hope the school is still standing in 60 years,it should be commended for its contribution in nurturing students with strong ethnic identities.

愛だ・・・ Now this is love!!

愛は何でしょう? 寝るより お母さんの顔を少しでも長く見ること??? 可愛い!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

What is love? Wanting to see your mum’s face just a little longer than going to sleep? This is so cute!!

誇りに思う 変なCM.

Dance Floor

Dance Floor (Photo credit: enric archivell)


一番好きな宣伝・・・・弊社のものです。スターが このCMの為に 数週間練習したようです・・・成果なし(?)・・ごめん!!・・今日、聞きましたけど 娘さんは 鳥取県のヒップホップで県3位らしい・・・ その才能は 父親 譲りではないようです・・・・

追伸:スターは お嫁さん募集中・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

This is my NUMBER 1 favourite CM……. it is actually our company’s CM…….“the star” practiced for weeks on end………. good try!!
Today I had a chat with the him and it seems that his daughter has been winning prizes in dance competitions………that talent must be from Mum??

P.S. The star is single and looking for a bride…….

90人のご接待 Our big day…90 guests……

一週間前に 弊社の 恒例の松茸兼蟹パーティを 自宅で 開催しました。今度は何と 90人!!キャ!最初、人数を聞いて 気絶しそうになった!!しかし、やるしかない・・・前進!!

当日、雨を心配しましたけど 何と 暴風に雨!!OH NO!!!

災厄な状態で スタート!! テーブル張るテーブルクロース変わりの 紙を3回張り替えた・・・張っては風邪に飛ばされて・・・又張り・・・

お客さんがいらして、みんなさんにレインコートを差し上げ、皆さんが気持ちよく 納得して下さいました。

恒例の私の手料理を出し、解禁した蟹と松茸・・・パーティ後で 写真の整理をしますと 皆さんの笑顔がとっても 印象的で 何よりも 嬉しいです。

台所と 接待をお手伝いして下さった、笹すしの大将、若女将、女将さん、お手伝いして下さった 業者さん、そして 本社スタッフの皆さん、本当に ありがとうございます。

もちろん、遠方からも近くから もいらして下さった 皆さんに 心から感謝です・・・・

なんだか 忙しい人生・・・主張+会社の行事+自分の研究・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

A week ago we held a company party at home and 90 people came……when I first heard how many people were coming I almost passed out with horror. But want can you do, but try your best??

On the day of the party we were worried it might rain, so we erected tents……..BUT, not only did it NOT rain, along with the rain the wind almost blew us over! We had to recover the tables 3 times because the wind kept blowing the covers away. Then our guests came and we handed them raincoats…there was no way I was letting them inside our house! But everyone happily complied and the party got off to a good start. We served, crab, pine mushrooms and my home cooking.

The best thing about the day was everyone’s happy smiles, it made our hard work so rewarding.

Thank you to all of our good friends, and colleagues who helped out on the day and to the many people who traveled from far and near to make the day such a success!!

What a busy life, entertaining, business trips and on top of that my own research………