日本は「グループ・オブ・セブン (G7)」Japan has given new meaning to the moniker “Group of Seven.”

楽しみに待っていた William Pesekの コラムが出ました。

同感!だから 野田氏に もう少しチャンスを与える必要があると 思います。

ここまで 来たら安部氏に頑張って貰うしかない・・・・引用させて頂きます

【コラムニスト:Willie Pesek】

12月18日(ブルームバーグ):日本は「グループ・オブ・セブン

(G7)」という語に新しい意味を与えた。これは先週まで、先進経済

大国7カ国を意味する言葉だったが、今週からは6年の間に登場した日

本の首相もこう呼べるようになった。

16日の総選挙で自民党が勝利したことから、安倍晋三総裁が日本独

特の「G7」の7人目となることはほぼ確実になった。同総裁は来週に

も首相に指名される見込み。さらに憂慮すべきは、2008年の「リーマ

ン・ショック」以来10人目の財務相が指名されようとしているという事

実だ。これだけでも軽いショックを与える数字だ。日本には「G10」も

あるというわけだ。

「回転ドア」が回るように首相が次々替わる日本の政治に対する国

際市場の信頼は、国内以上に低い。回転ドア政治こそは日本に必要な経

済政策の大転換が起こらない理由だからだ。首相らは自らのポストを維

持することに忙しく、実際に首相の仕事をする時間がほとんどない。日

本は一度、実験をしてみてはどうか。安倍氏に例えば2年間の時間を与

えてビジョンを明確にさせ実践させるのだ。

日本の政治はあまりにも、政党間の権力争いに成り果て、1億2600

万人の国民のことは忘れられている。足の引っ張り合いと美辞麗句ばか

りで変革のための法整備は二の次、三の次だ。

米国の2大政党制も同じ問題を抱えているという指摘があるかもし

れない。しかしそれは違う。手詰まりや議事進行妨害、ワシントンでの

恒常的なキャンペーン活動にもかかわらず、米大統領は仕事をするため

に4年間という時間がある。これに対し、このところの日本の首相の持

ち時間は1人平均ほぼ12カ月で、彼らはこれを全て職にしがみつくこと

に使っているように見受けられる。新しい考えをまとめたり、前進する

ために交渉したり、あるいは巨大な日本経済の軌道を変えるのに必要な

政治的資本を形成したりする時間はほとんど残らない。

安倍氏もうまく行かないだろうと心配する理由は十分にある。首相

としての1回目の試み(2006-07年)は大失敗だった。そして今回同氏

が掲げている日本再生の政策(財政支出拡大と日本銀行による追加金融

緩和)は創造性ゼロだ。いずれも、この20年間でさんざん試され、効果

がなかったものだ。おまけに、国家主義者の安倍氏は3400億ドル(約28

兆5000億円)規模の日中貿易にさらなる害を与える可能性すらある。17

日の東京電力株の上昇は、昨年の大震災後に閉鎖された原子力発電所を

安倍氏が再開させるとの市場の予想を示している。原発の再開を国民の

大半が望んでいないにもかかわらずだ。安倍首相は1年と続かないかも

しれない。

それでも、日本の首相に闘うチャンスを与えるべき時だ。日本はあ

まりにも多くの課題を抱えている。世界最大の公的債務をこれ以上増や

すことなく成長を回復させる、企業をゼロ金利政策から自立させる、乳

児用よりも老人用のオムツの方が多くが売れる中での高齢化社会への備

え、世界での競争力強化、生産性向上、労働人口縮小に対応するための

移民法の見直し、雇用創出のための起業奨励、オリンパスの不正会計や

東電の無能な安全管理を容認した企業統治の改善など。

リスク回避重視の政治システムと変化を嫌う有権者という組み合わ

せの下でこれらの問題の1つでも解決するのは、良い時期においてすら

気が遠くなるような難事だ。世界の環境も混沌としている中で、これに

対処する時間がせいぜい1年しか与えられないというのでは、日本のG

7は失敗を運命付けられているとしか言いようがない。(ウィリアム・

ペセック)

(ウィリアム・ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニス

トです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I have been waiting with great anticipation for William Pesek’s latest column and it here it is!! He seems to take words out of my mouth! This is exactly why I feel Noda should have been given more of a chance. Having said so, the rest is up to Abe……….

Japan has given new meaning to the moniker “Group of Seven.” Last week, the

phrase merely referred to the seven largest industrialized economies. Now,

it’s also an allusion to the number of Japanese leaders in just six years.

Sunday’s election win by the Liberal Democratic Party means Shinzo Abe is

likely to round out Japan’s own G-7; he’ll be named prime minister as soon as

next week. Here’s another worrisome metric: Japan is about to name its 10th

finance minister since the “Lehman Shock” of 2008, something that’s a bit

shocking all its own. Japan, you see, has its own Group of 10, too.

The revolving-door nature of Japan’s politics inspires even less confidence in

international markets than it does at home. It’s a key reason why big

economic-policy shifts elude a nation badly in need of them. Leaders spend so

much time trying to keep their jobs that they have little time to actually do

them. Japan should try an experiment: Give Abe a period of time, say two

years, to articulate a vision and implement it.

Japan’s politics have become too much about the fortunes of the party in power

and not enough about the nation’s 126 million people. They’re too much about

petty squabbling and rhetoric, not enough about legislating change.

Some will counter that the U.S. has a similar challenge with polarized

politics, but that’s not so. For all the gridlock, filibustering and constant

campaigning in Washington, a U.S. leader has four years to work with. Japan’s

leaders spend every moment of the roughly 12 months each is getting nowadays

trying to cling to the job. That leaves little time for thinking new thoughts,

negotiating for progress or amassing the political capital needed to alter a

huge economy’s trajectory.

There’s ample reason to worry Abe won’t succeed. His first stint as prime

minister (2006-2007) was a flop. And his stated policies to revive things this

time around — more fiscal stimulus and additional easing by the Bank of Japan

— lack creativity. Both have been tried ad nauseam and with no success for 20

years now. Abe is a nationalist who may do even more damage to Tokyo‘s $340

billion trade relationship with Beijing. Today’s rally in Tokyo Electric Power

Co. shares shows markets fully expect Abe to reopen nuclear reactors closed

after last year’s huge earthquake and tsunami, something most Japanese are

against. Who knows, Abe might not even last a year.

Still, it’s time to give leaders a fighting chance. Japan’s to-do list is

daunting: learning to grow without adding to the world’s largest public debt;

weaning companies off zero interest rates; preparing for a demographic change

that has adult diapers outselling those for babies; upping global

competitiveness; raising productivity; tweaking immigration policies to

support a shrinking labor pool; encouraging more startups to create fresh

jobs; and tackling the corporate-governance scheme that produced Olympus

Corp.’s massive accounting fraud and Tepco’s incompetence on nuclear safety.

Fixing any of these problems amid a risk-adverse political system and a

change-resistant electorate is a Herculean task in the best of times. Having,

at best, 12 months to address them in a chaotic global environment dooms

Japan’s G-7 to failure.

(William Pesek is a Bloomberg View columnist. Follow him on Twitter.)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s