朝鮮学校無償化問題の背景にあるのは 植民地主義? A new form of colonialism for education for Koreans in Japan?

考えさせられる 文でした。一日 考えていました。

ポストコロニアル理論家は、脱植民地社会には、植民地的なイデオロギ が未だ機能すると主張する。

敗戦により、日本の誇りであった 大日本帝国が、一晩で「恥じる過去」となった。更に、新しい日本を 建設するために脱植民地国家と 境界を作り、冷戦により、在日韓国人・朝鮮人に対し、active exclusion(積極的な排外)が実施された。これは 現在に至るまで 重大な帰結を生みだした。

その重大帰結の一つは 朝鮮学校の無償化問題として 考えると あまりにも 悲しい現実です。

歴史を修正し続けてきた 日本は 本当に 植民地支配責任問題に向き合う事が 可能でしょうか?? 今日は 少し絶望的です・・・

USM~웃음~と言う ブログから  引用させて頂きますー

 

日朝平壌宣言と朝鮮高校“無償化”除外問題から見える継続する植民地主義

 今年は2002年小泉訪朝時に発表された日朝平壌宣言から10年の節目の年です。平壌宣言から10年を経たいま、どのような視点から日朝間の問題と在日朝鮮人に対する差別・弾圧政策を問うていかなければならないかを改めて考えたいと思います。

直近の問題として、2010年の制度開始から2年半が経過した現在も高校無償化法(就学支援金制度)の対象から、朝鮮高校へ就学する生徒が除外されたまま「審査継続中」とされている問題について、世論は「朝鮮学校は『北朝鮮』および朝鮮総聯の関係団体であるため支給対象から除外すべきであり、朝鮮学校を除外するためには新たな『理由』を作り出しても構わない」というムード一色に染まっています。世論が排外的かつ差別的な空気によって醸成され、“ムード”によってこのような在日朝鮮人に対する差別が行われてしまっていることは批判されるべきなのは今更確認するまでもありません。

しかし、そういった世論に対抗するための言論自体も、世論に対抗しようとすればするほど徐々に植民地主義や同化主義といった外国人を支配対象とみなす方向に傾いてしまっていることを指摘しておかなければなりません。つまり、「朝鮮学校は反日教育をしていない」、「朝鮮学校は多言語教育やグローバル人材の輩出をおこなっており日本の国益につながる」、「朝鮮学校の生徒も普通の高校生、わたしたち(日本人)と同じである」といった対抗言説は、すなわち「日本の国益につながる、『準日本人』であれば『恩恵』の対象にすることもやぶさかでない」と言っているに過ぎません。裏を返せば「反日で、日本の国益に繋がらず、同化することのない異質なものであれば排除しても構わない」と言っていることになります。

この2年半あまりの間、多くの人々が朝鮮学校無償化除外問題に対する意見を述べ、それを見てきましたが、進歩的な立場を取ろうとしている人でさえも、在日朝鮮人を異なる立場と価値観を持つ尊重すべき他者としてではなく、“わかりやすさ”を求め、わからないものへの不信感、日本への同化や帰順をせまる強迫観念、異なる価値観との共存を前提としない排他的な価値観を否定できていない意見を述べてしまうといった場面がまま見られました。

在日朝鮮人の権利が、マイノリティの権利として、日本の少数民族のアイヌや沖縄の人々と同列に語られることもありますが、ここで忘れてはいけないことは、在日朝鮮人は、日本におけるアイヌや沖縄の人々などの少数民族とはまた異なった立場であり(もちろん少数民族が介入や支配を受けて良いというわけではなく、現状日本においてはアメリカのマイノリティ同様、“多民族国家日本”の枠組みに包摂されている事実があるのに対し、在日朝鮮人は祖国を持つ存在である)、日本の内部の”少数民族”の扱いとして日本によって直接的に介入されるべき対象ではないということです。※1。

民族教育を受ける権利も、どのような教育を行うか決めることも、どちらも民族的権利であり自主権です。そもそも日本政府が民族教育機関の教育内容を“審査”すること自体が不当であるにもかかわらず、それを不問にしながらも「朝鮮学校は日本の国益になる」などの論を基盤にした「定住外国人の権利を認めるかどうか」という論議が行われることは、すでに民族の自主権を侵害していることが見過ごされています。このような状況では、在日朝鮮人の“権利”に関する議論が、“恩恵”を施すのかどうかという度量の問題にすりかえられてしまいます※2。外国人の権利が日本のシステムへの利益還元の度合いによって左右されたり、国家および国家に自己を投影している人々のさじ加減で決めたりできるという幻想を抱いている以上、日本は植民地支配の精神性を克服できていないといえるのではないでしょうか。差別や排外に対抗しているはずの側が植民地主義や同化主義を採用してしまいやすいことは、日本が敗戦後植民地支配と戦争・戦後責任を放棄したまま現在に至ってしまったことと無関係ではありません。

 日本は敗戦後の戦後処理において、アジア諸国に対する「お詫びの気持ち(95年村山談話)」を示す一方で、教科書からは次々に植民地支配や侵略戦争に関する記述が改悪・削除され、閣僚や知事、首長が歴史を修正し被害者を侮辱するような発言を行なっても野放しにされるなど、本来の意味での真摯な謝罪と反省は行ってきませんでした。そして、賠償・補償金ではなく途上国支援の経済協力金、独立祝賀金といった名目の、いわば金にものを言わせる形で、自らの加害責任をごまかしてきました。

 そのような流れの中で、朝鮮民主主義人民共和国との“関係正常化”は、日本の植民地支配責任問題にいかに向き合い謝罪と賠償を行うことができるか、という日本にとっては最後に残された機会でした。しかしながら、その最後の機会も従前通りの経済協力によるごまかしの手法を踏襲する形で発表された日朝平壌宣言により失ってしまいました。植民地支配を「痛切な反省と心からのお詫び(02年日朝平壌宣言)」の気持ちを持って振り返るのならば、謝罪と賠償を行うこととあわせて植民地主義から脱却しなければならないのであって、間違っても経済制裁や在日朝鮮人への弾圧政策を推し進めるべきではありません。

 また、平壌宣言に謳われている日朝国交正常化に関しても、日本国家と日本人自身の主体的な脱植民地主義の過程において“正常化”がなされるべきであり、朝鮮高校の“無償化”除外問題における「国益か否か」というような、自らの利益のみを主眼とした議論と同じ形でなされるべきではありません。

 日本での議論は常に「試されるべき・変わるべきは朝鮮の側」であるかのような認識が当然のようになっていますが、高校“無償化”除外問題も日朝国交正常化や植民地支配問題も、主体的に問題に向き合い、加害の清算と現在まで続く歴史的な責任を果たさねばならないのはあくまでも日本の側であるということを今改めて確認しなければいけません。

 日本の植民地主義は現在まで克服されることなく一貫して継続しているということ、そして“わたしたち”はその歴史の継続性のうえにいる責任ある当事者であるということをしっかりと認識し、ごまかしではない本質的な議論がなされない限り、関係の”正常化”がなされることはないでしょう。

(T・S)

※1 梶村秀樹「定住外国人としての在日朝鮮人」『思想』1985年第8号、23頁。

※2 崔権一「在日朝鮮人社会と運動に対する攻撃の本質~朝鮮学校対する弾圧から見えてくるもの」『社会評論』2012秋、80頁。

    留学同中央「権利と恩恵」『コチュカル通信』280号。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

The following was unfortunately was expected. The article suggests that the “government officials were particularly cautious over deliberations regarding these schools, as the content of their curricula could not be examined”, however, as far as I understand, the tuition waver is applied to all other international or foreign schools ( and has been granted) and in all cases the content of the curriculum is not an issue. Plain and simple…. politics and education should be separate issues. It is a very sad situation here…..

Pro-North schools to lose tuition waiver

Lack of progress on abductions to hit Chongryon

Kyodo

The new administration said Friday the tuition waiver program covering pro-Pyongyang high schools in the country will not be extended because of the lack of progress in resolving the past abductions of Japanese nationals to North Korea, education minister Hakubun Shimomura said.

The measure reflects the tough stance taken toward North Korea by Prime Minister Shinzo Abe, a known foreign policy hawk, especially when it comes to Pyongyang’s abductions of Japanese in the 1970s and 1980s.

“The schools have close ties with the General Association of Korean Residents in Japan (Chongryon), and given the lack of progress on the abduction issue, (the public) will not understand if we provide the tuition waver to such schools,” Shimomura told reporters.

Chongryon acts as the de facto government mission for North Korea in Japan in the absence of diplomatic relations between the two countries.

The ministry plans to revise an ordinance in about a month to reflect the decision.

The tuition waiver program was introduced in April 2010 by the previous government, led by the Democratic Party of Japan, and applies to all students, including those at foreign schools, if the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology recognizes their curricula as being similar to Japanese high schools.

Since the introduction, the ministry’s expert panel had been screening pro-Pyongyang schools based on application criteria that include the number of teachers and facilities.

But government officials were particularly cautious over deliberations regarding these schools, as the content of their curricula could not be examined.

There are 10 such schools in Japan with about 1,800 students in total.

No tangible progress has been seen on the abduction issue since the repatriation of five Japanese abductees from North Korea in 2002. Pyongyang has described the abduction issue as having been fully resolved. North Korea has also said it will reinvestigate the cases but has yet to make good on its promise.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s