Wペセック氏の【コラム】アベノミクスは現実性を欠く「宗教」に近い.William Pesek:Paul Krugman Embraces Worn-Out Ideas in Japan

Japan

Japan (Photo credit: Yashar.Mans)

ブルームバーグの Wペセック氏の コラムを引用させて頂きます。又、とっても ツルドイ観察です。

【コラム】アベノミクスは現実性を欠く「宗教」に近い-

2013-01-25 02:02:11.544 GMT

 

 

【コラムニスト:Willie Pesek】

1月25日(ブルームバーグ):日本の安倍晋三首相の評価を控える

蜜月期間はもう終わりにして、日本経済がブームを迎えようとしている

という新首相の考えの現実性を点検してみよう。

 

まず初めに、私は自分自身が混乱に陥ったのかという思いに駆られ

たことを話しておきたい。11年間の東京暮らしで私はただ単にどうしよ

うもないほど疑い深くなってしまったのだろうか。自由民主党が改革を

訴えながらも実現することができず、無能な指導者がころころ入れ替わ

るのを見てきた。安倍首相が就任後の数週間に取った措置は、まずは疑

ってみることにも利点があるとの信念を取り戻させた。

 

安倍首相の掲げる政策は日本に対する投資家心理を2009年以来最も

強気にさせている。その政策とは、財政を呼び水とし、成長のてこ入れ

に向け日本銀行をもっと働かせることだ。ブルームバーグの調査では、

回答者の約21%は日本が向こう1年間に最高の機会を提供するとみてい

る。同じ調査では、一部で「アベノミクス」と呼ばれる首相の政策につ

いて54%が比較的楽観していると答えた。

 

この調査結果は2つの点で無視し難い。一つは、私の退職年金口座

の管理担当者が日本を強気とみる新参者の1人ではないことを心から願

うということ。もう一点は、安倍首相の前回の任期(2006-07年)があ

れほど惨めな結果に終わったことを忘れてはならないことだ。

 

「歩行器」が必要に

 

自民党は約20年もの間、無用な橋や道路、トンネル、ダム、空港の

建設に金を使い、銀行システムに流動性供給を拡大するよう日銀に迫っ

た。こうした想像力に欠ける政策で日本国民には何が残ったのか。簡単

に言うとすれば、対国内総生産(GDP)比率で世界最大の債務残高

だ。もっと厳しい言い方をするなら、日本は「歩行器」なしには歩けな

い国になり下がってしまったということだ。

 

昔と同じ対処法を単にもう一度試すことに説得力はあるのだろう

か。日本経済を独り歩きさせ、さらに全速力で走れるようにすることが

安倍政権にできるのだろうか。

 

デフレは日本の消費者がデフレが終息すると信じるまで終わらな

い。企業は家計が消費を増やすと思うようになるまで雇用を控える。銀

行は融資が不良債権化しないと思えるまで貸し出しを増やさない。13年

か14年は12年よりも良くなるだろうと本当に確信が得られるまで、賃金

は上がらないだろう。

 

安倍首相の積極策に一部の投資家はだまされるかもしれない。ノー

ベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏から支持さえ受けた。多

分、日本経済は急速に元気づくだろう。円相場は下落し、日本株は上昇

している。だが、これは過去に見られた光景で、その後日本は相次ぐ苦

難を味わった。

 

問題は構造に根差す

 

安倍首相の政策には何の新鮮味もない。円安のほかに、日本の競争

力を中国に打ち勝つほど高めるか、あるいはソニーの衰退を阻止する戦

略が首相にはあるのだろうか。新たな移民政策を導入して労働力をもっ

と柔軟にし、国際化するというアイデアはどうだろう。あるいは若年層

に起業を促すのはどうか。貿易のさらなる自由化も一案だ。政治や企業

社会で女性の進出を後押しするのも必要だろう。エネルギー政策は、地

震のリスクを背負った日本人が不安を抱える原子力発電以外の何かを推

進するものでなけらばならない。

 

日本の問題は構造的なものであり、金融面に根差したものではない

ことを自民党は把握しきれていない。日銀の白川方明総裁が今週の会見

で訴えようとしていたのはまさにこのメッセージだ。安倍首相は2%の

物価上昇率目標を日銀にのませた。言うまでもなく白川総裁の対応の結

果が分かるのは1年先のことだろう。ただ白川総裁は4月に任期切れを

迎え、首相はもっと政府寄りの人物に入れ替えるだろう。

 

自民党の政策は現在の世界ではほとんど使い道がない固定観念に包

まれた宗教のようだ。それも1964年以前なら良かった。この年に開催さ

れた東京オリンピックは、日本が第2次世界大戦後の廃虚からそれほど

早く復興できるはずがないと思っていた世界をあっと驚かせた。た

だ、80年代のバブル経済がはじけると、政策の陳腐化は疑う余地のない

ものとなった。

 

日本を取り巻く環境は何もかも変わりつつある。しかし、日本政府

の当局者は、1人当たりの所得で日本をアジア1位に導いた教えは今な

お有効だと信じ込み、2013年の世界を受け入れることを拒んでいる。日

本が巨大な財政支出国家であるとの信仰心は時が経つにつれてますます

有害となり、日本の格下げを招く。アベノミクスは現実の政策というよ

りも宗教に近いものだ。

 

(ウィリアム・ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニス

トです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

William Pesek from Bloomberg shares his ideas on Abe’s ideas for the economy. It makes so much sense!!

Paul Krugman Embraces Worn-Out Ideas in Japan: William Pesek

2013-01-24 22:00:46.0 GMT

 

 

(For a Bloomberg View daily news alert: {SALT VIEW <GO>}.)

 

By William Pesek

Jan. 25 (Bloomberg) — Let’s get over this honeymoon for

Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, and do a reality check

on his idea that the economy is about to boom now that voters

have returned him to office.

At first, I wondered if I had lost my bearings. Was I just

hopelessly cynical after 11 years in Tokyo, watching a numbing

parade of inept leaders come and go as the Liberal Democratic

Party pledged change that never arrived? The steps Abe has taken

in the first few weeks of his latest premiership restored my

faith in the merits of skepticism.

Abe’s big idea, the one that has investors feeling the most

bullish on Japan since 2009, is fiscal pump-priming and getting

the Bank of Japan to do more to stimulate growth. About 21

percent of respondents to a Bloomberg poll now see Japan as

offering the best opportunities over the next year. The same

poll showed 54 percent are more optimistic than pessimistic

about what some are calling Abenomics.

Those numbers are hard to ignore on two scores. First, I

only hope that those in charge of managing my retirement

accounts aren’t among the Japan-bulls-come-lately. The second is

how short memories can be. Abe, remember, failed miserably in

his first term as prime minister in 2006-2007.

 

Walker Economy

 

Abe’s LDP spent almost 20 years building bridges, roads,

tunnels, dams and airports to nowhere and forcing the central

bank to add liquidity to the banking system to end deflation.

And what did those unimaginative policies leave Japan’s 126

million people with? The easy answer is the world’s highest

ratio of debt to gross domestic product. The harder one: Japan

has become a nation that can’t proceed without the economic

equivalent of a walker.

That image takes on a deeper meaning when you consider

Japan’s awful demographics and the dearth of ideas to cope with

them. Take Finance Minister Taro Aso, who this week said elderly

people should “hurry up and die” to relieve pressure on the

government to pay for health care.

So is it really plausible that with just one more try of

the same old remedies, Abe’s team will get the economy to walk

on its own and then sprint ahead? Seriously?

No economist could formulate a credible list of every shot

of stimulus and every dose of monetary steroids that officials

have pumped into the economy since the early 1990s. There have

been too many overlapping treatments to document. None of them,

not a single one, achieved what investors are betting Abe will

do this time: make a Japanese recovery self-sustaining.

 

Fooling Investors

 

Deflation won’t end until Japanese consumers believe it

will. Companies won’t hire until they think households will

boost spending. Banks won’t lend until they assume loans won’t

go bad. Wages won’t rise, supporting the expectations of these

three pillars of the economy, until there is genuine confidence

that 2013 or 2014 will be better than 2012.

This gambit may fool some investors, and it even got a plug

from Nobel-winning economist Paul Krugman. It is true that Japan

probably will get a quick GDP jolt. The yen is down and stocks

are up. Japanese have seen this movie before, though, and

suffered through sequel after sequel.

Abe isn’t offering anything new. Aside from a weaker yen,

does he have a plan to make Japan more competitive to take on

China or halt Sony Corp.’s slide toward irrelevance? How about

ideas to make the labor force more flexible and international,

starting with a new immigration policy? Or a strategy that

inspires young Japanese to start new companies or families? What

about freer trade? Increasing women’s role in politics and

business? Even an energy plan that champions something other

than the nuclear reactors Japanese fear amid earthquake risks?

None of the above. What Abe’s party fails to grasp is that

Japan’s challenge is structural, not financial. Surely that’s

the message BOJ Governor Masaaki Shirakawa was aiming for this

week. Abe talked about browbeating the central bank into a 2

percent inflation target. Shirakawa’s response? Yeah, maybe in a

year. By then, Abe will have replaced Shirakawa, whose term

expires in April, with a more agreeable official. But the BOJ’s

smackdown is a reminder that monetary policy only goes so far

when an economy is hobbled by dysfunction.

The LDP’s policies are like a religion with a fixed set of

beliefs that have little utility in today’s world. The party’s

dogma was fine before 1964, the year the Tokyo Olympics wowed a

world that thought Japan couldn’t rise so quickly from the

wreckage of World War II. The policy obsolescence became obvious

once the bubble economy of the 1980s crashed.

Things are changing all around Japan. Yet officials in

Tokyo refuse to embrace the world of 2013, assuming that the

canon that delivered Japan the highest per-capita incomes in

Asia is still viable. This faith that Japan is just one huge

spending package away from bliss is becoming more detrimental

with each passing year and credit downgrade. Abenomics really is

more religion than reality.

 

(William Pesek is a Bloomberg View columnist. The opinions

expressed are his own.)

Advertisements

婚約破棄:「在日差別意識に起因」 女性が市議を提訴。A termination of an engagement upon finding out his partner was Korean.

Engagement Ring

Engagement Ring (Photo credit: LJ Mears)

毎日新聞の記事―大物をぶる政治家のレベルは こんなものでは ないでしょうか。私も この女性を全面的に支持します・・・・

婚約破棄:「在日差別意識に起因」 女性が市議を提訴

毎日新聞 2013年01月28日 15時00分(最終更新 01月28日 16時11分)

 婚約相手だった兵庫県内の自治体の30代男性市議に自分の祖父が在日韓国人だと告げたところ、婚約を破棄されたとして、大阪市の会社員の女性(28)が市議に550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。市議側は結婚できない理由として「政治的信条から消極的にならざるを得なかった」と説明しているが、女性側は「差別意識に起因し、不当だ」と批判している。人権問題に詳しい専門家からは市議の対応を問題視する声が上がっている。

 提訴は昨年10月。訴状などによると、市議と女性は結婚相談所の紹介で同3月に知り合った。市議は同6月、「あなたのことが大好きです」などと書いた手紙を渡して「結婚したい」と伝え、女性も承諾した。しかしその数日後、女性が自分の祖父は在日韓国人だと市議に伝えると、市議は「韓国の血が流れている」などとして婚約を破棄したという。女性自身は日本国籍だった。

 市議側は地裁に提出した書面で「結婚したい」といったん女性に伝えたことは認めた上で、「保守派の政治家として活動し、在日韓国人らに対する選挙権付与に反対するなどの政治的スタンスをとっており、政治的信条などから結婚できないと考えた」と説明。さらに「婚約は成立していない」として請求の棄却を求めている。

 市議本人は取材に「弁護士に任せているのでコメントできない」としているが、女性は「どれだけ人を傷つけたのか、深く受け止めてほしい」と話した。在日外国人問題に詳しい田中宏・一橋大名誉教授は「結婚で出自を問う発想は問題だ。政治家としての考え方があるから正当化されるものではない」と指摘している。

 判例などによると、双方の両親や友人らに婚約の意思を伝えている▽結納や指輪の交換をした−−などの事実があれば、婚約が成立したとみなされる。過去には、日本人男性から国籍を理由に婚約を破棄されたとして韓国籍女性が男性に慰謝料などを求めた訴訟で、大阪地裁は83年、「民族差別の存在に起因した迷いから婚約破棄したのは不当」として、男性に約240万円の支

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I sort of wonder if this is just the tip of the iceberg?

The Mainichi Newspaper reports that a Japanese woman (28) in Osaka is suing her ex-fiancé, a city assemblyman (30) because he terminated their engagement on finding out that she was part Korean. The two met through a dating agency. After dating for 3 months, the assemblyman wrote her a love letter describing how much he loved her and proposed marriage. She accepted and a few days later she divulged that he grandfather was Korean. The surprised fiancé replied “you are telling me that you have Korean blood flowing in your veins”? He immediately annulled their engagement.

He is refusing to comment at this time however a similar case in 1983 resulted in a man remunerating his ex-fiancé after he found out she was Korean and annulling their engagement.

………………………………………………..

If you ask me, this says a lot about the arrogance of petty officials such as this Osaka assemblyman. For young Koreans who live in Japan and pass as Japanese, their one major hurdle is always marriage. Most keep their “Korean identity” a secret until they meet their lifetime partner, then they torture themselves when it is time to tell the truth.

1971年の ドイツ首相の勇気のあった行動。Willy Brandt’s courage to offer a heart felt apology.

Do you remember

《DO YOU REMEMBER?》(忘れたのか?)

 

1971年ブラント首相(当時)はポーランドでナチによるユダヤ人虐殺について膝まずき謝罪した。その行動が欧州和解を促進した。

 

安倍総理も韓国中国との現今の関係悪化を懸念し、東アジアの隣国との友好関係を本当に確かなものにする意志があるならば、第二次世界大戦の過ちを心底よりに謝罪するところからスタートすべきだろ。このままなら 次世代の 未来を奪う事になる。

 

20万人の元慰安婦は 今にでも 謝罪を待っている。

 

……………………………………………………………………………….

 

In 1971, German Chancellor Willy Brandt knelt before the war victims of Poland. His action promoted reconciliation in Europe.”

 

In 2012, Korean women forced to work as sex slaves for Japanese soldiers during WWⅡ are still waiting for a heartfelt apology from Japan.

 

NY旅行で慰安婦記念碑を通して出会った素晴らしいお方。A wonderful meeting, through a monument in honour of the comfort women in New Jersey

Image representing New York Times as depicted ...

Image via CrunchBase

New Yorkから 帰って来ました。今年は あまり寒くなくて、快適でした。 久しぶりに友人に会ったり、アメリカ自然博物館で学芸員をしている 親戚を訪ねたりして、充実した旅でした。しかし、最後に とっても 素敵な出会いがありました。

こんな偶然と言うか 素晴らしい事があるものです。

 NYタイムズで見た記事を読んでからから ニュージャジーのコリアタウンに慰安婦記念碑が設置されている事が分かりました。早速車を借りて探しに行きました。

記事によると2010年に ニュージャジーの Palisade’s Parkのコリアタウンに 20万人の慰安婦の為に 記念碑が立てられた。その後、2012年に 日本のニューヨーク駐在領事が突然 Palisade’s Parkの市長を訪ねて 記念碑を撤去するように求めた。その後も 日本から 自民党の 議員4人が 同じ要求で Palisade’s Parkの市長を訪ねた。市長は呆れてしまったそうです。
アメリカにある 戦争犠牲者の慰安婦の 記念碑の撤去要求を アメリカまで 可能と思っている日本サイドの傲慢さに 呆れる。言葉がありません。

探検に出ました。中々見つからなくて 韓国料理屋の Woo ChonWoo Chon Restauran と言うお店に入り、お昼を食べながら 尋ねました。何と、その お店のご主人が その地域 Palisades Parkの 韓米会の会長でした!! 「記念碑を探しに来た」と 言ったら 張会長が記念碑の設置に関わったと分かりました。彼がとっても喜んで下さいました。 設置の動機について 説明して下さり、気持ちよく案内して下さいました。 さすが、心の大きい 韓国人と思いました。 動機―慰安婦の為の記念碑は 日韓問題にするつもりもなくて、ただ 地域の 住民が 戦争による 女性や子供たちに対し 敬意を示す目的に 設置をされたと 教えて下さいました。

残念な事に 右翼傾向にある 人は 数回日本から来て この 大切な記念碑を 破滅しようと したそうです。悲しいことです・・・・・
しかし、私たち家族にとって こんな素晴らしい出会いに 本当に嬉しかったです。メールの交流が始まりました。 人権を大切に思う仲間なので 私たちの出会いは 神様わざに違いないです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

We just returned from a holiday to New York. This year it wasn’t cold, it was wonderful meeting up with old friends, and catching up with an inspiring relative who is now a curator in the American Museum of Natural History.

But I guess the “icing on the cake” was our meeting with a very special person.
Sometimes the most amazing things happen. On our last day we went in search of the controversial monument ( reported in the NY Times)-In New Jersey, Memorial for ‘Comfort Women’ Deepens Old Animosity erected in honour of Comfort Women in the Second World War. The monument is located in Korea Town in Palisades Park New Jersey. Complacently, the Japanese government has made persistent attempts to have the monument removed. The NY consul general visited and later 4 LDP politicians. This is just too unbelievable for words. I can’t understand the arrogance that gives the Japanese government officials the right to EVEN think they can  request the removal of this monument IN America.So off we went to Palisades Park. We couldn’t find the monument anywhere, so we went into a restaurant – Woo Chon for lunch (BTW the food was fantastic) and inquired. To our surprise we found out that the owner of the restaurant is also the President of the Korean-American Association of Palisades Park. Even better….he was one of the people involved in the erection of the monument! John Chang very kindly offered to take us to the monument. He talked of the purpose behind the erection of the monument- the locals felt the need to recognize the fact that in war, it is always women and children who suffer first and last.

Unfortunately ultra-nationalists have come from Japan to sabotage the monument more than once…….that is sad. Why do they feel they have to desecrate a monument for people who have already suffered enough? They just don’t give up….
But the best thing about our visit to Palisades Park was definitely our meeting John Chang the Palisades Park local activist and an elder in the Korean American church!!

Our meeting was just reminded us of how warm and kind Koreans can be to strangers.korea town 028 korea town 025 korea town 027 korea town 023 korea town 018 korea town 016

慰安婦問題と 日本の傲慢な態度. This is too unbelievable for words.

2010年に ニュージャジーの Palisade’s Parkにあるコリアタウンに 20万人の慰安婦の為に 記念碑が立てられた。その後、2012年に 日本のニューヨーク駐在領事が突然 Palisade’s Parkの市長を訪ねて 記念碑を撤去するように求めた。その後は 日本から 自民党の 議員が4人再度 同じ要求で Palisade’s Parkの市長を訪ねた。

アメリカにある 戦争犠牲者の慰安婦の 記念碑の撤去を アメリカまで 要求出来ると思っている日本サイドの傲慢さに 呆れる。言葉がありません。もちろん 撤去は されていなくて 明日 探しの旅に行こうと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

This is just too unbelievable for words. It must be arrogance that gives the Japanese government officials the right to think they can even request the removal of this monument IN America.

New York Times-

Animosity of Comfort Women in New Jersey