1971年の ドイツ首相の勇気のあった行動。Willy Brandt’s courage to offer a heart felt apology.

Do you remember

《DO YOU REMEMBER?》(忘れたのか?)

 

1971年ブラント首相(当時)はポーランドでナチによるユダヤ人虐殺について膝まずき謝罪した。その行動が欧州和解を促進した。

 

安倍総理も韓国中国との現今の関係悪化を懸念し、東アジアの隣国との友好関係を本当に確かなものにする意志があるならば、第二次世界大戦の過ちを心底よりに謝罪するところからスタートすべきだろ。このままなら 次世代の 未来を奪う事になる。

 

20万人の元慰安婦は 今にでも 謝罪を待っている。

 

……………………………………………………………………………….

 

In 1971, German Chancellor Willy Brandt knelt before the war victims of Poland. His action promoted reconciliation in Europe.”

 

In 2012, Korean women forced to work as sex slaves for Japanese soldiers during WWⅡ are still waiting for a heartfelt apology from Japan.

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s