やりました。I did it!

時々、適当な プレッシャーも 良いかも・・・・先週の土曜日の 試験は きつかった!

200%のエネルギーを 使い果たした気持ちでした。
先、立教大学の 合格発表がありました。 博士課程に 合格しました!!
これから 長い道のりかも 分かりませんけど 意義のある 研究をしたいと 思います。どうぞ 宜しく お願い致します。
54歳の春・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Sometimes a little bit of pressure never hurts anyone…..
I just found out that I have been accepted for the PhD programme at Rikkyo University in Tokyo. Relieved…..I feel like I exerted 200% energy for the 3 exams I took last Saturday.
Who said 54 wasn’t young?
Thank you my good friends for your kind support, always!!

Advertisements

胸がいっぱいになる 小学校4年生の作文 A moving letter written to the Kanagawa Mayor by a 4th grader.

539638_345697072206030_880530892_n 58829_345697095539361_1406555669_n 644326_345697108872693_1769927390_n 481108_345697118872692_715258673_n

朝鮮学校の無償化が 見送られました。各自冶体が 北朝鮮の核事件や拉致を理由に補助金を取り消したりしています。 政府に対する機嫌取りでしょうか?民主主義のはずの日本、一人一人の 人権も 保障されているなら 在日コリアンは 民族教育を 選ぶ権利も あるはず。

横浜朝鮮初級学校4年ペマユさんの神奈川県黒岩知事への手紙を 紹介します。彼女の力作でり、一人で一気に書き上げたそうです。
是非、読んでみてください。この素晴らしい文を 読み、私は 改めて 朝鮮学校教育の 素晴らしさを 実感しました。この日本語は 学校で習う外国語ですよ。授業は 全部 朝鮮語で 行うため、素晴らしい バイリングアルです。日本の学校で 英語を何年習っても 出来るようになる人は・・・・・

これを読み、胸がいっぱいになりました。子供を 政治に 巻き込む政治家を 許せない・・・自分だって 親でしょう???

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The Japanese government has excluded the Pro-Pyongyang schools from the high school tuition waiver system. Ironically, all other schools, including international schools are to be include, despite the fact that the schools meet the requirements. Furthermore, as a result of North Korea’s nuclear tests, and the no progress on the abduction issue local governments are withdrawing local aid as well. It seems the schools are doomed. In a so called democratic country that is supposed to respect human rights you would expect parents have a right to choose an ethnic education for the children, obviously not if you are a Korean. A young 4th grade student writes a letter of appeal to a the Governor of Kanagawa in an appeal to ask him to reconsider. She tells him of the interesting times she has with Japanese students when they have visit each other for school events, about why she feels it is unfair for the Korean students to always be scapegoated when there are issues between the Japanese government and DPRK arise.

In this moving letter the young writer ends with a request of a reply. I wonder if the Governor will be decent enough to do so. Scapegoating children in international political issues is unforgivable, but if you do it to Koreans in Japan, somehow it is condoned by society.

黒田氏に日本への片道切符を贈ろう(ブルームバーグ)!Why Man Returns to Japan When Others Want to Flee(Bloomberg)

Haruhiko Kuroda - World Economic Forum Annual ...

Haruhiko Kuroda – World Economic Forum Annual Meeting Davos 2010 (Photo credit: World Economic Forum)

常識です!ブルームバーグの W・ペセック氏のコラムを引用させて頂きます・・・

【コラム】黒田氏に日本への片道切符を贈ろう-W・ペセック

 2月12日(ブルームバーグ):アジア開発銀行(ADB)の黒田東彦総裁(元財務官)についての私のとっておきの思い出は、2011年3月13日に東京行きの航空機に一緒に乗り合わせたことだ。

東日本大震災の2日後で原発事故の危機が起こり始めたころ、地震発生時にフィリピンにいた私は、東京行きの便に飛び乗った。空席ばかりの機内で、黒田氏は私の近くの席に座っていた。マニラから東京行きの便はいつもほぼ満席だが、この時はチェルノブイリになりかねない日本を訪れる人などなく、日本から脱出したい人ばかりだった。

黒田氏は「われわれだけの貸し切り状態ですね」と話し掛けてきた。「自分のできることをするために戻るのだ」と語っていた。

黒田氏は再び、日本を助けるために戻ってくるかもしれない。あの時の言葉のように。今度は日本銀行総裁として同氏が戻ってくるとすれば、それは8年間をマニラで貧困と闘うことに費やした同氏にとってふさわしい時期の帰国と言えるだろう。11日東京で言葉を交わした同氏の無私無欲な姿勢を見て、私は黒田氏こそは15年にわたる日本のデフレを終わらせる人物かもしれないと思った。

同氏がブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、日銀が年内に追加緩和を行うことは正当化できるとの見解を示したことには勇気付けられる。日銀の白川方明総裁が2014年までは追加緩和の必要性を感じないとしているのとは大違いだ。黒田氏は3月に退任する白川総裁の有力後任候補だ。同氏は2%のインフレ目標達成に向けた手段が日銀には多数あるとも述べた。それだけでも今までの日銀総裁とは異なる。さらに、消費者物価の下落を根絶する必要があると同氏は明言した。

他候補にない能力

黒田氏(68)は次期日銀総裁に指名されたわけではない。発言はADB総裁としてのものであり、日銀を代弁したのものではない。安倍晋三首相は日銀総裁人事について手の内を明かしていない。しかし、黒田氏には日銀総裁として、日本経済を活性化できる他の候補にはない能力があるように思われる。

安倍首相について言われるのは、ヘンリー・ポールソン前米財務長官が2008年に述べたように、「バズーカ」砲を使おうとしているということだ。安倍首相が選ぶ日銀総裁の仕事は、バズーカを使って大量の流動性を市場に撃ち込むことだが、日本に必要なのはそれだけではない。日銀は火力を高めるばかりでなく、照準の正確さも求められている。ここで経済理論が重要になる。

豊富な経験

日銀ではなく財務省出身であることに加えて、黒田氏が成功するかもしれない最大の理由は、2005年以来のADB総裁としての経験だ。金融政策が持ち得る増幅力は1990年初め以降、日本では発揮されていない。銀行は依然、融資に後ろ向きで家計は借り入れに慎重だからだ。

問題は政治にもある。巨額の国債を抱え込んでいる銀行に罰則を科せば、与信拡大につながるかもしれない。個人や企業による借り入れを奨励する税制で融資を伸ばすことも可能だ。しかし政治は日銀にばかり依存し、自らの仕事をしてこなかった。

日本の官僚が縄張り争いをしている間、黒田氏はアジアで成長を促進し、その恩恵を域内各地に広めることに取り組んできた。限られた資源を駆使し、発展度合いが異なる域内からの多種多様な要求に対する理解が十分ではない場合でも行動してきた。この仕事には、新プロジェクトを通じて何が機能し、何が機能しないかを見極める発想力が必要になる。リスクに立ち向かい、柔軟な発想をするこうした姿勢こそ、日本が必要としているものだ。

限界超えた思考

日本は非伝統的政策をあまりにも伝統的に実践しようとしている。日銀にできることは数多くある。長期の国債、社債、上場投信(ETF)、中小企業向けローンの証券化商品の購入拡大や、不動産の購入、財政が破綻した自治体の債務の貨幣化などだ。日銀には現行政策の限界を超えた思考が必要だ。いかなる手段を使ってでもデフレ を終わらせる必要があるという黒田氏の発言は期待を抱かせる。

待望される日本経済の復活ほど市場を魅了するニュースはない。なのに、安倍首相の方法は革新を欠き、旧態依然の自民党的発想に依存し過ぎている。しかし、安倍首相は日銀総裁人事で世界を驚かすことが可能だ。黒田氏に日本への片道切符を贈るだけでいい。(ウィリアム・ペセック)

(ウィリアム・ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストです。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Another inspiring article by W. Pesek of Bloomberg, just sheer common sense. Why don’t the Japanese politicians understand.

Quoted from Bloomberg website:

Why Man Returns to Japan When Others Want to Flee: 

 

By William Pesek

Feb. 12 (Bloomberg) — My favorite Haruhiko Kuroda moment

was on a Tokyo-bound flight on March 13, 2011, two days after a

gigantic earthquake struck northeast Japan.

I was in the Philippines when the quake precipitated a

nuclear crisis. On the first available flight back, the

president of the Manila-based Asian Development Bank sat near me

on an almost-empty plane. Manila-to-Tokyo flights are rarely

made with a single empty seat, but no one likes to fly into a

potential Chernobyl, not with tens of thousands in Japan

clamoring for the exits.

“We seem to have the whole plane to ourselves,” Kuroda

quipped, saying he was returning to “do what I can to help.”

Those words come to mind as Kuroda may be about to return

to offer help again, this time as Bank of Japan governor. It

would be a timely reappearance for a respected economist who has

spent the past eight years in Manila working to reduce poverty.

When I spoke with him in Tokyo yesterday, it occurred to me that

this kind of selflessness might make Kuroda an inspired choice

to end Japan’s 15-year bout with deflation.

It was heartening that Kuroda said “some additional”

monetary measures could be justified this year, while incumbent

Bank of Japan Governor Masaaki Shirakawa had said he saw no need

for monetary easing until 2014. Kuroda, a leading candidate to

replace Shirakawa when he leaves office next month, said the

central bank has many tools to achieve its 2 percent inflation

target. That alone might set him apart from his predecessors. He

also declared, in unambiguous terms, that falling consumer

prices must be “eradicated.”

 

Bazooka Wielding

 

Kuroda, 68, hasn’t been nominated so far, and his comments

came with a disclaimer that he’s speaking as head of the Asian

Development Bank, and not on behalf of the Bank of Japan. Nor

has Prime Minister Shinzo Abe tipped his hand on whom he might

choose. But Kuroda looks like he would come to the job with a

unique ability to deliver stimulus to the economy.

The standard line on Abe is that he wants to emulate a

strategy that U.S. Treasury Secretary Henry Paulson in 2008

described as wielding a bazooka. The job of Abe’s candidate for

central-bank head will be to fire huge amounts of liquidity into

markets. Japan, of course, needs far more than that. Along with

increased power, Bank of Japan policies need better aim and

precision. This is where economic theory comes into play.

The first reason Kuroda might succeed is because he isn’t a

Bank of Japan lifer, but a former Finance Ministry official.

That means he wasn’t steeped in decades of institutional

paranoia that tends to defeat each new central-bank governor

even before he presides over his first interest-rate meeting.

There is a reason the Bank of Japan is keen to see that one of

its own gets the job. Another career bureaucrat at the helm

might deepen deflation, not end it.

The bigger reason is what Kuroda has been doing since 2005,

when he became president of the Asian Development Bank. The

multiplier effect that makes monetary policy so potent has

eluded Japan since the early 1990s. Bankers are still reluctant

to lend, traumatized by the bad-loan crisis that dragged on

until the mid-2000s. Households have too little confidence in

their job prospects and future earning potential to borrow. The

key is to end a liquidity trap.

Part of the onus is on the government. Penalizing banks

that are sitting on trillions of dollars of government

securities might boost credit growth. Offering tax incentives to

would-be consumer or corporate borrowers could increase lending.

Yet two decades of political gridlock have lawmakers demanding

more from the Bank of Japan while doing little on their end.

 

Turf Battles

 

While officialdom in Japan has been fighting the same turf

battles, Kuroda has been focusing on strengthening and

broadening the benefits of growth in Asia, home to a crucial

mass of the world’s extreme poor. He’s doing so with limited

resources and an imperfect understanding of the often

conflicting needs of a diverse region at disparate levels of

development. That has meant experimenting with new projects and

initiatives to see what works and what doesn’t. This kind of

risk taking and brainstorming is just what Japan needs.

Japan’s unconventional policies are being pursued too

conventionally. There are lots of things the Bank of Japan could

do: boost purchases of longer-dated government debt, corporate

bonds, exchange-traded funds and securitized loans to smaller

companies. And then there are kitchen-sink steps, such as buying

distressed real estate or monetizing the debt of bankrupt towns.

The central bank needs to think outside the confines of its

current staff. Saying deflation must be ended “through whatever

measures available” suggests that Kuroda could be stellar news

for the world’s third-biggest economy.

Few questions tantalize markets more than whether Japan’s

long-awaited revival is afoot. Abe’s plans lack innovation and

rely too much on the fossilized Liberal Democratic Party ideas

of the past. Yet at the Bank of Japan, Abe has the opportunity

to surprise the world with a radical personnel choice. All he

needs to do is make Kuroda’s ticket one-way.

 

(William Pesek is a Bloomberg View columnist. The opinions

expressed are his own.)

2月14日 煮干しの日 Happy Dried Sardines Day…

の日煮干し

本来のバレンタインは 恋人 2人のみの お祭り
クリスマスは 恋人のためではなくて 大家族の絆を大切にするお祭り
商業化した イベントは 好きじゃないけど これは 気に入った・・・・
チョコレットより体に良いと 思うね!

 

…………………………………………………

 

Happy Valentines folks….

 

I must say I have been put off commercialized Valentines Day as is it tradition here in Japan for WOMEN to give men chocolate….some lucky guys get “real love” chocolate and some others have to contend with “obligatory chocolate”…. I thought Valentines was for lovers?

 

Interestingly though, today is dried sardines day!!

 

1992年に作られた素晴らしいドキュメンタリー・ A radical human rights produced in 1992- in Japanese only.documentary

1992年放送の 是枝裕和監督の 『日本人になりたかった…』

在日韓国人ドキュメンタリーを 見ました。

「推測にすぎない マスコミの報道の積み重ねが 日本人の朝鮮人に対する 偏見を形成してきたのでは ないだろうか」との疑問を投げかける素晴らしい報道・・・・

あの頃から 日本社会は 人権問題に進行していないと 私は考える。 差別はネットの娯楽となり、町の中で 現実社会では在日コリアンに対して「殺す」を連呼しても表現の「自由として認められ社会」は 右傾化にあるため 弱者に対して 大手マスコミが とりあげない・・・それに ほとんどの人は 何の疑問を感じない・・・

ただの差別はない・・・ 差別には  歴史的背景がある・・・

ドキュメンタリーの最後に 是枝裕和監督 の言葉―「私たち、日本人は朝鮮人にたいしある時 は同化しないと 怒り、ある時は日本に成りすましたと 怒り・・・」

この素晴らしいドキュメンタリー 是非見て下さい!!