公共電波を使ってどうどうと差別発言を許される日本

http://www.youtube.com/watch?v=YUvNN2WczC4http://http://www.youtube.com/watch?v=YUvNN2WczC4
「たかじんのそこまで言って委員会は前から見ないことに決めている。しかし、この前の放送が 問題となり、友人から送って貰った。・・・酷いですね。品格ない日本人大集合。公共の電波を利用し、平気な顔して悪意に満ちた発言は 過去の反省もゼロ!傲慢そのもの!たかじん が居たごろより レベルが非常に低下しましたね。このような番組はドイツでは放送が出来るはずはない・・・ドイツは過去の清算をしているから・・・・
あの気持ちの悪い竹田恒泰は 分かったふりをして 自信満々に 差別表現を発言するけど 事実と違いますよ。 騙されないように・・恐ろしい!怖いです・・
お時間のある方に 放送倫理・番組向上機構宛てに 排他的な「たかじんのそこまで言って委員会」にコメントを送って下さい。http://www.bpo.gr.jp/?page_id=5487

Advertisements

弱者を軽視している社会 A society ignoring the weak.

I recently attended a workshop on the state of homeless people in South Korea. I was pleased to hear that the level of care received is of a high standard, in fact well above Japan. But something really bothers me…… every year about 5 homeless people are murdered in Japan and it is NEVER even reported in the press. According to Korean sources incidents like this are nonexistent.
この前、韓国のホームレス事情についての報告を聞きました。 日本人講師の話によると 日本より 野宿者に対してのケアが進んでいるとそうです。しかし・・・ 毎年 日本で5人ほどの 野宿者は 殺されるのに マスコミが全然取り上げないことに 聞いて 本当にびっくりしました! 弱者を軽視している社会ではないでしょうか?? 因みにこのような事件は韓国では 起こらないそうです・・・Image

見てしまったもの・・・ I wasn’t expecting to see…..

ずら

東京のマンションは14階にあります。 景色は良いけど 他のマンションも丸見えです・・・ 見るつもりはないけど、ついつい・・ まあ・・・あちらも見ているでしょうね・・・ あるマンションに 毛のふさふさの人が住んでいます。 この前 (ごめんなさい)ハゲのおじさんを見ました。 二人住まいと思った。でも・・・今朝、見たらいけない物を見てしまった⇒ バルコニーに 桂をスタンドに掛け風通りしていました。どうも・・・一人住まいようです・・・

……………………………………………………………………………………

 

My apartment is on the 14th floor, I don’t mean to spy, but I can see right into some other apartments ( they probably look at me anyway)…. in one apartment there is a dark haired person…. the other day, I saw a bald person there too, so I assumed there were 2 people living there……….but this morning I noticed a dark haired wig being aired on the balcony… that means there is only 1 person living there…

過去と向き合う意味 Why an honest deliberation of history is important

Sorry states

夏にベルリンに行き、戦後の処理問題について ドイツと日本の違いを考えていました。戦後のドイツは 隣国と良好な関係を築いたのに 日本は度々 謝罪をしているはずなのに この行為が 必ずと 言って良いぐらい跳ね返るは何故か?
尊敬するリンド教授の本を読み 色々と見えて来ました。簡単に纏めると ドイツは日本と同様戦後間もない時期は 戦争責任と云うより 我が国民の犠牲を中心に考えた。その後、ドイツの隣国は 領土問題に対する危機もなく徐々に歴史と向き合う姿勢を取った。ドイツは正式的な謝罪もなく、償い文化となり、恐ろしい過去を否定する人たちに対して決して許せない環境となった。 日本の場合は 何回も謝罪をされている、相手国はこの謝罪を有難く受けられている。しかし、跳ね返る原因は 謝罪後に必ずと言って良いぐらい否定をする人が出てくる。この否定文化は確かに日本で許されている。領土問題もそうですが・・隣国が 本当に日本を信頼出来るまで ドイツのように戦後は 終わりません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Living in Japan, you feel like you are constantly being bombarded with the insensitive gaffes of politicians.
In August I visited Berlin, Germany is not dragging its past around like Japan, it is moving ahead. It made me wonder why as Japan has showed contrition regarding past aggression but every time it offers an apology there is a massive backlash. Why? So I read Jennifer Lind’s book the “Sorry States” and it now clearer. In a nutshell- after the war both Germany and Japan were preoccupied with the sufferings and sacrifices of their own people rather than addressing past aggression. Germany then moved on to confront its past; there were no struggles over territory and any form of denial became an offensive and unforgivable act. So, Germany with no form of formal apology gained the trust of former enemies because they stopped conceiving it as a threat. Japan, has shown contrition and while the apologies have been accepted, the backlash has been caused by constant statements of denial. In comparison to Germany, comments of denial are condoned in Japanese society. The territorial issues have further been a cause to see Japan as a threat. Until a middle road can be established the current status quo will continue and Japan will still exist in the post war era.