Amazing people. 凄い人・・・・・

Lilli Marcs

Today, daughter, and very sweet sister in law  and I went off to another bridal boutique………I was really impressed with the owner- a 70 year old East European “grandma” who designs, sews, sells, but she only started doing bridal wear 3 years ago and is now one of the most renowned bridal couturier tailors in Australia! How impressive is that? Unfortunately she is now too busy to do “mother of the bride”…..

今日、長女と大好きな義理妹と3人軍団で又 ウェデングドレス探しに行きました。 午後訪ねた、予約のみのブーティックの経営者兼デザイナー兼縫いこさんが、東ヨロッパ出身の70歳の女性でした。たった3年前、ブライダルに転身して、今 オーストラリアで3番目に有名なブランドになっている!気さくな話しやすいお婆ちゃんは本当に凄いと思いました。元気、たくさん頂きました!

Advertisements

慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki

慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki (click here)

Brilliant article by friend Prof. Tessa Morris-Suzuki, on the recent developments on the comfort woman issue.
The history of the ‘comfort women’ is not (as some commentators in both countries wish to portray it) an issue of ‘Japanese-versus-Koreans’. It is an issue of human rights and human dignity whose implications extend throughout East Asia and beyond.
友人、オーストラリア国立大学教授テッサ・モーリス・スズキが 現政権が進めている慰安婦問題を「学術的」に検証する方針について公平に論じています。
引用: 慰安婦歴史問題はある評論家が語るような日本対韓国の問題ではない。 この問題は人権と尊厳の問題である。 この問題は東アジアを超えて影響があると指摘している。

ぬくぬくと育つ子供たち

鶴見朝鮮幼稚園訪問!A visit to the Korean kindergarten in Tsurumi.
今日、書いた感想文をここにもアップします・・・日本語の間違いをお許し下さいー鶴見幼稚園の学芸会参観で同胞社会に囲まれ、愛されている子供たちの感情豊な姿を見せて頂き、私まで元気をたくさん頂きました。学校関係者のお話では「学校は必ず守り見せます」と強い誓いも聞き、是非応援をさせて頂きたいと思いました。
マイノリティ教育研究者パウロ フィレイレは (“Without a sense of identity, there can be no real struggle)「アイデンティティ確立が出来なければ弾圧に対する取り組みが不可能」との言葉を思い出しながら学芸会を観ました。子供たちが 在日コリアンとしてプライドを持ち愛情あふれる 同胞社会でぬくぬくと育つ姿を確信し、今後が困難な状況であっても大丈夫と思いました。応援します。写真 (32)

過去が無ければ未来はない。 With no history there is no future

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598)

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598) (Photo credit: Wikipedia)

怖いぐらい右傾化が進みます。政治家とマスコミが原因だと思うけど無関心と無知の大衆にも多大な責任もある。都合の良い無知は差別の道具に使われている。
昨夜、ある経営者の会で 隣の人が言うには朝鮮学校の教科書では「日本が侵略した」と教えるなら反日教育だと主張。もちろん私は反論した→「侵略は事実なのにどうしてそれは 反日教育になりますか。世界中の教科書では日本の「侵略行為」について教えています」と教えて上げた・・・ 相手は無知のため、すぐ黙った。歴史を知らない、事実に耳を塞ぎたい、それでも差別をしたい恐ろしさを感じた。その後、話はありませんでした・・・

………………………………………………………………………………….

At a business meeting in Yokohama, the fascist sitting next to me told me that Korean schools in Japan are anti-Japanese because they teach that Japan “invaded” Korea. Having my PhD candidate status on my business card helps…….I retorted that the invasion of Korea and China is a FACT, it does not constitute being anti-Japanese. He backed off quickly; he probably knew that his ignorance might embarrass him.
But it goes to show that institutionalized discrimination is nurtured by chosen ignorance.
I’m not backing down for anyone……..

本当は誰が壁を高く設定していますか?Who builds the high walls?

1465191_490142197766725_136316454_n

1471982_490142217766723_580501496_n

580609_490142174433394_565329632_n
昨日は FBの仲間に 東京代一幼初中級学校を案内して頂きました。
学校長と面談、古い校舎、新しい校舎、授業参観 (子供たちが突然教室に入る金髪のアジュムニにびっくり!幼稚園の年長さんと先生とお写真も撮りました。そして校長先生と 私の研究と現在社会、在日の困難な問題についてお話をさせて頂きました。本当にVIPの扱いで申し訳ないです・・今回、関東の朝鮮学校の訪問は2回目ですが・・・前回と同様、教育に暖かいものを感じた。 朝鮮学校は誰でも歓迎しています。もっと日本人にも体験して欲しいです。壁は日本社会が高く作っているのではないでしょうか?? 小さい時からバイリングアルの子供たちに豊な感性を感じた。朝鮮学校出身の方々は日本社会に大変貢献出来る素質を持っているのにどうしてこんなに排外されるか分かりません・・・・
I love Facebook! I have met so many amazing people in the Korean community who have been helping me make contacts for my research. Today I visited the Tokyo Korean School with an FB friend, I was given a tour of the old school that is just about to be demolished, the new school, observed the children in their classes (yes, they were all really surprised when they turned around to see a blonde woman standing behind them!) I met the principal and we talked about my research issues and Koreans in Japan are facing at the moment. Definitely VIP treatment for a humble student!!
Children who are bilingual from a young age are definitely different. These children have so much to offer Japanese society, but instead they are ostracized.

拷問試験通過?A torturous exam….

54歳の博士課程学生(私)は 社会学の拷問試験を無事通過した(と思う)・・・ほっとしました!人生色々・・・冒険@立教大学
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
I’m 54 and I have just finished my first (tortuous) major oral exam as part of my PhD…a sociology exam (in Japanese)…I think I passed. Wow! Life if for adventures!
写真 (27)

はだかのゲンー松江教育委員会 検閲?

1150507_352333538232077_461679239_o

本音のコラム・・・

 

教育委員会から今度は 図書館介入? 検閲と民衆主義は似合わない・・・

 

コラムに書いてあるように「ナチスの手口」。実際に ナチス・ドイツの焚書事件がナチスの焚書(ふんしょ)、―Nazi book burnings)は、ドイツ国内の本のうちで、ナチズムの思想に合わないとされた書物が、ナチス・ドイツによって儀式的に焼き払われた焚書である。

 

はだかのゲンの件もそう変わりません。これを許したら次は何でしょうか?

 

昨日から久しぶりに youtubeで 「はだかのゲン」を見ています。子供に本当のことを教えて何がいけないでしょうか?