慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki

慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki (click here)

Brilliant article by friend Prof. Tessa Morris-Suzuki, on the recent developments on the comfort woman issue.
The history of the ‘comfort women’ is not (as some commentators in both countries wish to portray it) an issue of ‘Japanese-versus-Koreans’. It is an issue of human rights and human dignity whose implications extend throughout East Asia and beyond.
友人、オーストラリア国立大学教授テッサ・モーリス・スズキが 現政権が進めている慰安婦問題を「学術的」に検証する方針について公平に論じています。
引用: 慰安婦歴史問題はある評論家が語るような日本対韓国の問題ではない。 この問題は人権と尊厳の問題である。 この問題は東アジアを超えて影響があると指摘している。

和解に何が必要かを教えてくれる映画。A movie that teaches reconciliation.

Australian and Dutch prisoners of war at Tarsa...

Australian and Dutch prisoners of war at Tarsau in Thailand. The four men are suffering from beri beri. (Photo credit: Wikipedia)

I went to see the movie the Railway Man, movie of POWs in Burma during WWII.  Highly recommend it, it is a true story, take a hankie! I kept seeing the faces of my sons in young POWs, it was horrific. Hearing of this young man writing letters to his departed mother made me cry again… But the movie conveyed a strong message regarding reconciliation. It is a true story and very powerful.  It is evidently going to be released in Japan next year but I wonder what sort of a reception it will receive.

Wouldn’t it be great if all history revisionists received free tickets??
映画『レイルウェイ 運命の旅路』 コリン・ファース主演、ニコール・キッドマン、真田広之 共演(英題:The Railway Man)(2013年) を見て来ました。真田広之さんの勇気ある出演に頭が下がる。もっと好きになりました。この映画は日本で公開する時に字幕が気になります。実話だから非常に説得力がある。日本帝国軍による連邦軍の捕虜扱いは実話に基づき、残虐で「悲劇と言うより犯罪」のがよく伝わりました。若い軍人に我が息子の顔が入れ替わってしまって涙ボロボロでした。そして、既に亡くなっていた母親に手紙を書きづけた主人公の発言に又涙・・・・

しかし、この映画が根本的に伝えたいメッセージは和解が可能であることです・・・・

安倍晋三総理、石破茂幹事長と歴史修正家たちに招待状を送りたいです!!

皆さん、是非観て頂きたいです・・・・・

https://www.youtube.com/watch?v=FEGTm1jgf_U

自動ゲート The automatic gate

English: Narita International Airport Terminal 2

English: Narita International Airport Terminal 2 (Photo credit: Wikipedia)

成田空港です・・・ 何時ものように(登録済み)出国の自動ゲートに向かった。何時もように「ここは違いますよ」と言われ 初めて逆切れー「顔で決めつけるんじゃない」と・・・案内人がちょっとびっくりした・・・「日本に外国人も住んでいる、高額の税金も払っている・・・あまりじゃないですか」と言って 誤って来ました。

太陽の国でゆっくりして来ます・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。

I am at Narita Airport, at immigration I headed for the automatic gate and as expected I am told I am headed in the wrong direction. I couldn’t help myself, for the first time EVER I chastised this petty official and told him he shouldn’t decide on just appearances ( to have the privileges granted to a Japanese you should look Japanese)…. then I couldn’t resist myself, I just had to tell him that I am registered to use the automated gate, I DO live in Japan and that I am also pay tons of tax! He did get a surprise and did apologise.

I am going down to Oz and going to enjoy being accepted for a while………..

過去が無ければ未来はない。 With no history there is no future

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598)

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598) (Photo credit: Wikipedia)

怖いぐらい右傾化が進みます。政治家とマスコミが原因だと思うけど無関心と無知の大衆にも多大な責任もある。都合の良い無知は差別の道具に使われている。
昨夜、ある経営者の会で 隣の人が言うには朝鮮学校の教科書では「日本が侵略した」と教えるなら反日教育だと主張。もちろん私は反論した→「侵略は事実なのにどうしてそれは 反日教育になりますか。世界中の教科書では日本の「侵略行為」について教えています」と教えて上げた・・・ 相手は無知のため、すぐ黙った。歴史を知らない、事実に耳を塞ぎたい、それでも差別をしたい恐ろしさを感じた。その後、話はありませんでした・・・

………………………………………………………………………………….

At a business meeting in Yokohama, the fascist sitting next to me told me that Korean schools in Japan are anti-Japanese because they teach that Japan “invaded” Korea. Having my PhD candidate status on my business card helps…….I retorted that the invasion of Korea and China is a FACT, it does not constitute being anti-Japanese. He backed off quickly; he probably knew that his ignorance might embarrass him.
But it goes to show that institutionalized discrimination is nurtured by chosen ignorance.
I’m not backing down for anyone……..

過去と向き合う意味 Why an honest deliberation of history is important

Sorry states

夏にベルリンに行き、戦後の処理問題について ドイツと日本の違いを考えていました。戦後のドイツは 隣国と良好な関係を築いたのに 日本は度々 謝罪をしているはずなのに この行為が 必ずと 言って良いぐらい跳ね返るは何故か?
尊敬するリンド教授の本を読み 色々と見えて来ました。簡単に纏めると ドイツは日本と同様戦後間もない時期は 戦争責任と云うより 我が国民の犠牲を中心に考えた。その後、ドイツの隣国は 領土問題に対する危機もなく徐々に歴史と向き合う姿勢を取った。ドイツは正式的な謝罪もなく、償い文化となり、恐ろしい過去を否定する人たちに対して決して許せない環境となった。 日本の場合は 何回も謝罪をされている、相手国はこの謝罪を有難く受けられている。しかし、跳ね返る原因は 謝罪後に必ずと言って良いぐらい否定をする人が出てくる。この否定文化は確かに日本で許されている。領土問題もそうですが・・隣国が 本当に日本を信頼出来るまで ドイツのように戦後は 終わりません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Living in Japan, you feel like you are constantly being bombarded with the insensitive gaffes of politicians.
In August I visited Berlin, Germany is not dragging its past around like Japan, it is moving ahead. It made me wonder why as Japan has showed contrition regarding past aggression but every time it offers an apology there is a massive backlash. Why? So I read Jennifer Lind’s book the “Sorry States” and it now clearer. In a nutshell- after the war both Germany and Japan were preoccupied with the sufferings and sacrifices of their own people rather than addressing past aggression. Germany then moved on to confront its past; there were no struggles over territory and any form of denial became an offensive and unforgivable act. So, Germany with no form of formal apology gained the trust of former enemies because they stopped conceiving it as a threat. Japan, has shown contrition and while the apologies have been accepted, the backlash has been caused by constant statements of denial. In comparison to Germany, comments of denial are condoned in Japanese society. The territorial issues have further been a cause to see Japan as a threat. Until a middle road can be established the current status quo will continue and Japan will still exist in the post war era.

ドイツと日本・対照的な未来志向 Japan and Germany, their differences in moving forward.

Germany 026 Germany 029 Germany 036photo (8)

今ベルリンです・・・

ベルリンのどこ歩いても ドイツの侵略戦争の残虐な歴史を思い出せる記念碑があります。

写真の看板は 地下鉄の駅の前にありました。[我々は決して忘れないだろうー恐れのある場所]

– ユダイヤ人の一部の囚虜所の名前。

ベルリンの中心部にある600万人虐殺のユダイヤ人の 広大な記念碑の前で 感動しました。 対照的に小さい慰安婦像が 海外で設置をされても日本から反対の声があるのに・・・ 日本国内では 私は日本の侵略戦争を反省するような 記念碑は今までに 見たことありません。

ドイツは 着々と明るい未来に進んでいる姿がよく分かります。日本には 明るい未来は??

Everywhere you go in Berlin you find monuments remembrance of Germany’s horrific past.

Just outside a station I saw this –

“Places of fear that we will never be forgotten”- (names of just some of the concentration camps)、and the magnificent monument  in memory of the 6 million Jews that died. Can’t remember ever seeing any monuments in Japan revealing remorse for the suffering it caused during WW2. It only takes one small monument of a small girl – a young sex slave  to have everyone up in arms…. I am guessing that Germany has a future what is your guess on Japan….????

中国人観光客マナーの報道の本音?The real objective behind reports of Chinese tourist’s manners.

Chinese tourists

昨日、ソウルから帰宅・・・ アイロンかけをしながら 珍しく フジテレビの めざまし テレビ・・・安藤美姫の記者会見の 下らない 評論会・・父親は誰かと永遠に語り合う・・・どうでも良いです。個人の自由。村社会の日本です・・・
その後は 中国人観光客に対する マナー問題・・・・長々と続く レポターの排外的発言・・お昼を食べながら又 テレビを付けたら 他の チャネルも 中国人マナー問題を時間掛けてやっている・・・ 個人的な意見として 中国人観光客を 自分の価値観から 「ちょっと」と 思う事も あります。 しかし、オーストラリア人観光客、特に若い人は 世界に出かけで 迷惑を掛けています。北海道の方は 御存じだと 思います。日本人だって バブル時代に 団体で海外に渡り、マナーも 悪く 評判も もう一つでした。

フジテレビは 呆れる取材でした。 日本を訪ねている中国人女性観光客の 買い物追跡を 許可して貰ったそうです。買い物の途中で 困った中国人女性は 報道陣に 「通訳をお願いします」と お願いしたら・・ レポターは 堂堂と「中国人は ちゃっかりと 使えるところは 使う・・・私達に通訳まで 頼んだりして」・・・ちょっと待ってよ! 女性が気持ちよく 報道を許したのに・・その発言は 酷過ぎると思いました。社会は お互い様です。ちなみに 私は 今まで 海外で たくさんの困った日本人の ために チョボラとして 通訳して来ました。利用されたと 一度も 思ったことがありません!

日本にとって 中国人観光客から得る経済利益も 欲しいのに もう少し 寛容な気持ちで見て上げる事も 必要ではないでしょうか?

今、日本のメデア は中国人の マナーの悪さを 言い訳にして 排外的な 発言を 楽しんでいるとしか 思いません。 排外的な ニュースはいずれ憲法改正に役に立つ・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Back from Korea, this morning as I did my ironing I watched a gossipy morning show. Won’t do that again….it started off with a long running segment about who is the father of Japan’s champion skater- Ando Miki’s baby……… who cares? No one else’s business.
Then next, a never ending segment about the bad manners of Chinese tourists. OK, compared to my own set of values, I have come across a few revolting Chinese tourists, but that isn’t the end of the world because Australia sends a lot of embarrassing young unruly tourists overseas too, in fact, I don’t even want to tell people I am Australian when I go to Hokkaido!! But hey? Didn’t the Japanese tourists have a bad reputation too?? There is even a Japanese expression that says “there is no shame or embarrassment when you travel- tabi ha haji no kakisute”=simple interpretation  “do what you want when you travel?”

What I found quite intolerable, was a segment where the Japanese reporters followed a young Chinese tourist when she shopped, she had obviously kindly given permission. She got stuck and asked if they could interpret for her. To this, the reporter stated to viewers that Chinese will use any situation to their benefit…..sorry? But who was doing who a favour??  I would just like to add here that I have interpreted for Japanese tourists who needed help overseas, and I never thought I was being used but on many occasions I didn’t even get a “thank you”…
At the end of the day, let’s not kid ourselves….the economic benefits the Chinese bring to Japan are immense, isn’t there a better way of looking at the issue?

So what was the real intent on reporting on Chinese people’s manners? It seemed like it was just an excuse to present xenophobic matter that the public can relate to. The more xenophobic and nationalist Japan becomes, the easier it will be for the LDP to change Japan’s peace constitution… but until then they need they need the media…