慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki

慰安婦問題は世界中の人権と尊厳問題。 Brilliant Article on the the Comfort Woman Issue by Tessa Morris-Suzuki (click here)

Brilliant article by friend Prof. Tessa Morris-Suzuki, on the recent developments on the comfort woman issue.
The history of the ‘comfort women’ is not (as some commentators in both countries wish to portray it) an issue of ‘Japanese-versus-Koreans’. It is an issue of human rights and human dignity whose implications extend throughout East Asia and beyond.
友人、オーストラリア国立大学教授テッサ・モーリス・スズキが 現政権が進めている慰安婦問題を「学術的」に検証する方針について公平に論じています。
引用: 慰安婦歴史問題はある評論家が語るような日本対韓国の問題ではない。 この問題は人権と尊厳の問題である。 この問題は東アジアを超えて影響があると指摘している。

Advertisements

ぬくぬくと育つ子供たち

鶴見朝鮮幼稚園訪問!A visit to the Korean kindergarten in Tsurumi.
今日、書いた感想文をここにもアップします・・・日本語の間違いをお許し下さいー鶴見幼稚園の学芸会参観で同胞社会に囲まれ、愛されている子供たちの感情豊な姿を見せて頂き、私まで元気をたくさん頂きました。学校関係者のお話では「学校は必ず守り見せます」と強い誓いも聞き、是非応援をさせて頂きたいと思いました。
マイノリティ教育研究者パウロ フィレイレは (“Without a sense of identity, there can be no real struggle)「アイデンティティ確立が出来なければ弾圧に対する取り組みが不可能」との言葉を思い出しながら学芸会を観ました。子供たちが 在日コリアンとしてプライドを持ち愛情あふれる 同胞社会でぬくぬくと育つ姿を確信し、今後が困難な状況であっても大丈夫と思いました。応援します。写真 (32)

過去が無ければ未来はない。 With no history there is no future

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598)

English: Japanese invasions of Korea (1592–1598) (Photo credit: Wikipedia)

怖いぐらい右傾化が進みます。政治家とマスコミが原因だと思うけど無関心と無知の大衆にも多大な責任もある。都合の良い無知は差別の道具に使われている。
昨夜、ある経営者の会で 隣の人が言うには朝鮮学校の教科書では「日本が侵略した」と教えるなら反日教育だと主張。もちろん私は反論した→「侵略は事実なのにどうしてそれは 反日教育になりますか。世界中の教科書では日本の「侵略行為」について教えています」と教えて上げた・・・ 相手は無知のため、すぐ黙った。歴史を知らない、事実に耳を塞ぎたい、それでも差別をしたい恐ろしさを感じた。その後、話はありませんでした・・・

………………………………………………………………………………….

At a business meeting in Yokohama, the fascist sitting next to me told me that Korean schools in Japan are anti-Japanese because they teach that Japan “invaded” Korea. Having my PhD candidate status on my business card helps…….I retorted that the invasion of Korea and China is a FACT, it does not constitute being anti-Japanese. He backed off quickly; he probably knew that his ignorance might embarrass him.
But it goes to show that institutionalized discrimination is nurtured by chosen ignorance.
I’m not backing down for anyone……..

中国人観光客マナーの報道の本音?The real objective behind reports of Chinese tourist’s manners.

Chinese tourists

昨日、ソウルから帰宅・・・ アイロンかけをしながら 珍しく フジテレビの めざまし テレビ・・・安藤美姫の記者会見の 下らない 評論会・・父親は誰かと永遠に語り合う・・・どうでも良いです。個人の自由。村社会の日本です・・・
その後は 中国人観光客に対する マナー問題・・・・長々と続く レポターの排外的発言・・お昼を食べながら又 テレビを付けたら 他の チャネルも 中国人マナー問題を時間掛けてやっている・・・ 個人的な意見として 中国人観光客を 自分の価値観から 「ちょっと」と 思う事も あります。 しかし、オーストラリア人観光客、特に若い人は 世界に出かけで 迷惑を掛けています。北海道の方は 御存じだと 思います。日本人だって バブル時代に 団体で海外に渡り、マナーも 悪く 評判も もう一つでした。

フジテレビは 呆れる取材でした。 日本を訪ねている中国人女性観光客の 買い物追跡を 許可して貰ったそうです。買い物の途中で 困った中国人女性は 報道陣に 「通訳をお願いします」と お願いしたら・・ レポターは 堂堂と「中国人は ちゃっかりと 使えるところは 使う・・・私達に通訳まで 頼んだりして」・・・ちょっと待ってよ! 女性が気持ちよく 報道を許したのに・・その発言は 酷過ぎると思いました。社会は お互い様です。ちなみに 私は 今まで 海外で たくさんの困った日本人の ために チョボラとして 通訳して来ました。利用されたと 一度も 思ったことがありません!

日本にとって 中国人観光客から得る経済利益も 欲しいのに もう少し 寛容な気持ちで見て上げる事も 必要ではないでしょうか?

今、日本のメデア は中国人の マナーの悪さを 言い訳にして 排外的な 発言を 楽しんでいるとしか 思いません。 排外的な ニュースはいずれ憲法改正に役に立つ・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Back from Korea, this morning as I did my ironing I watched a gossipy morning show. Won’t do that again….it started off with a long running segment about who is the father of Japan’s champion skater- Ando Miki’s baby……… who cares? No one else’s business.
Then next, a never ending segment about the bad manners of Chinese tourists. OK, compared to my own set of values, I have come across a few revolting Chinese tourists, but that isn’t the end of the world because Australia sends a lot of embarrassing young unruly tourists overseas too, in fact, I don’t even want to tell people I am Australian when I go to Hokkaido!! But hey? Didn’t the Japanese tourists have a bad reputation too?? There is even a Japanese expression that says “there is no shame or embarrassment when you travel- tabi ha haji no kakisute”=simple interpretation  “do what you want when you travel?”

What I found quite intolerable, was a segment where the Japanese reporters followed a young Chinese tourist when she shopped, she had obviously kindly given permission. She got stuck and asked if they could interpret for her. To this, the reporter stated to viewers that Chinese will use any situation to their benefit…..sorry? But who was doing who a favour??  I would just like to add here that I have interpreted for Japanese tourists who needed help overseas, and I never thought I was being used but on many occasions I didn’t even get a “thank you”…
At the end of the day, let’s not kid ourselves….the economic benefits the Chinese bring to Japan are immense, isn’t there a better way of looking at the issue?

So what was the real intent on reporting on Chinese people’s manners? It seemed like it was just an excuse to present xenophobic matter that the public can relate to. The more xenophobic and nationalist Japan becomes, the easier it will be for the LDP to change Japan’s peace constitution… but until then they need they need the media…

韓国に居た宣教師が当時の慰安婦に関する事実を語る。Ethel Underwood, a former missionary in Korea writes of the atrocities committed against Korean women.

001 002

後期課程の一年目は 文献に向き合うものと 担当教授に 言われた。幅広くの知識を得る事が大事だそうです。 勿論、本の厚さによるけど 平均 一週間5冊を 読んでいます。

 

今、読んでいる本は 非常に面白い。宣教師の目から 語る朝鮮半島の 近代史。

 

びっくりする 文書に出会いました。フェースブックでも紹介しました→

 

1942年の未出版の 覚え書きー 「The Darkest Blot in Korea」-訳、韓国の一番暗い出来事のなか、当時韓国に住んでいた アメリカの宣教師Ethel Underwood さん(延世大学の設立されたUnderwood 一家の一員)が当時、自分で見た状況を紹介している。 騙され、連れて行かれ 慰安婦にさせられた 若い 韓国人女性の悲しい 状況について 書かれていました。とっても客観的に書かれても 読みにくい。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

As part of my first year as PhD student, I have been instructed to read, read and read again… I am averaging around 5 books a week depending on the thickness. Some are tedious and some very interesting. I am currently reading “Living Dangerously in Korea. The Western Experience 1900-1950”

 

a fascinating modern history narrative written by missionaries in Korea. I came across the following disturbing piece and I am introducing it here as well as in Facebook

 

-in an unpublished memorandum titled the “The Darkest Blot in Korea”, written in 1942 missionary in Korea, Ethel Underwood writes about how young women were tricked and taken away to be prostitutes. Objectively written but a hard read…

Living dangerously in north korea

自分の目で見た悪に満ちたヘイトデモ・ Hate displayed on a major scale in front of our eyes.

http://www.youtube.com/watch?v=tTDD6WtyO0k

数日、夫が上京しました。昨日、レンタカーを借り、必要品の買い出しに連れて行ってくれました。 川崎のコストコ、ジャスコ、そして、最後に 韓国料理の材料の為に 新大久保。以前から ヘイトスピーチに抗議する方法の 一つとしては 商売が度々打撃を受けている新大久保地域住民に サポートが出来ることは 行って買い物する事と 考えていました。

 

新大久保について 機動隊の多さにびっくりしました。午後4時と言うのに これから 在特会の差別デモが 始まる。夫が車を止めて「見て帰ろう」と言いました。非常に怖いふいんきでした。道路のわきに立ち、夫がビデオをまわしてくれました。

 

率直に言えば、インタネットの動画でみたものより あまりにも 凶暴的で 酷いものでした。 在特会は 税金で賄っている 警備で 自分たちが 守って貰える気持ちがつよくて 道路のわきに 立っているカウンター隊に かなり 凶暴的な 行動を目の前でとっていました。

 

ヘイトスピーチデモ問題 安倍首相「極めて残念」在特会などの異常デモにFacebookで警告すると言った参議院予算委員会は5月7日。もう10日以上も経過した。

 

デモを見て、思ったこと。デモに出ている人は 皆弱そう、きっと長年 日本の不景気に苦しまれ、在日韓国人・朝鮮人・中国人・外国人に対して 差別を楽しんでいることにより 優越感を味わっている。相手を間違えている。言動が過ぎる・・・・ドイツは 戦前にユダヤ人にたいして同じことをしました。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

Hubby and I hired a car and went to Costco, Jusco and as we had some time we decided to go to Shin Okubo ( a Korean town plagued with anti-Korean demonstrations and make our own positive passive aggressive gesture to the community by doing some shopping…..after we parked the car we realised a hate demonstration was about to start……….not what we had planned for but we wanted to see it with our own eyes…………I guess you could say it is one of the most revolting things I have ever seen with my own eyes. Hubby took a video off what was going on in front of us…. said exactly what I was thinking…………… stupid men instigate wars……..women don’t…..they give birth, so how can they scream murder? These downtrodden people are looking for scapegoats, they should be attacking the government and not minorities.

 

We took a video, if you are interested in watching… it was far more violent than I expected and as a tax payer…it makes me angry to think how much money is just spent on the security to protect the racists.

 

 

たしかに 排外主義の 国会としか 言えれません。 Racist Japanese politicians and their cheap thrills

レベルの低い政治家としか言いようがないです。
オーストラリア国立大学の教授が5月13日の夜、議員会館で差別用語を使ったステッカーが販売されたとに対して懸念のメールを 下さいました。
中村悟のブログのこちら-
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/262df7e1627d821bbc27ed63f56ba3b5
個人的な意見としては あまりにも 幼稚で サイテイです!

言い訳が 多すぎる・・ 先週、私も 国会集会に出たので 分かります。国会の 警備が 凄い・・・ そこで何の許可なしで 国会の施設で レイシストグッズの 販売は 勝手に出来るはずがない・・・

呆れてものが言えれません。日本は 本当に 可笑しいよ!!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Dear Friends,
I expect there might be some foreign press coverage, but who knows? In any case at a meeting the other day in the diet these stickers were being sold. The bottom sticker on the right says, “Kills the Koreans” and the picture depicts them as rodents the word “Korean” is not used, instead derogatory terms often used during the colonization of Korea.
What is Japan coming to? Fascist idiots are ruling this country and their constituents are accountable for electing them………and I am getting sick of being diplomatic in the face of such direct racism.
943347_373149936128823_1964931541_n