美容院を変える時に勇気が要る!!でも恐れない! You do need courage changing your hairdresser…but never be afraid!!

Hairdressers window-021

Hairdressers window-021 (Photo credit: Duncan Holmes)

私は 鳥取で 24年間 同じ美容院に常連として 通っていました。お値段がとっても 高いけど 技術が素晴らしいので納得していました。しかし、先生が 知ったかぶり、そして自分のポロシーだらけで 癒しどころか 肩がこるほどの 神経を使う 体験続きでした。そして、最近、先生ご自分の 保守的な考えについて 一方的な講演の後 神経を使い、高いお金を払いながら 何をしているか自分に問いました。24年間(大雪の時も 微熱の時、悪いと思うのでキャンセルもせず)通った。 客には 考慮が足りないと 思い、優しい友人に 別のお店で私の髪が出来るか 聞いて貰いました。行って来ました。びっくりしました。気さく、丁寧、思いやるサービス、マサージと楽しい会話!そして、一番大事なこと→ 綺麗に出来上がった!帰りにお支払する時も びっくり!今まで の値段より 40%減!24年間 神経ピリピリ「ヘンコツ」サロン通った自分が馬鹿みたいでした!やはり 変化を恐れたらいけませんね.紹介して下さった友人に大感謝!!ありがとうございます。

新しい美容院→http://www.iceberg-1.com/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I have been going to the same hairdresser in Tottori for 24 years. Very expensive, good at his job but too pumped with his self-importance. Recently, when he started to preach his conservative doctrine, I had to ask myself what I was doing, always leaving feeling tense? Honestly, you would think there would be some sort of reward for being a loyal patron for 24 years? But then again, I guess he thought that he was the only person who could do my hair and felt he was doing me a favour?? Well, a good friend put in a word to her hairdresser, and they did a great job!! Phew!!! Good buy old hairdresser! They were friendly, considerate, polite, talkative, they gave great massages and the overall price was 40% cheaper than what I paid before!! I guess this shows we should never fear change??? Thank you good friend for helping me out!!

Advertisements

親子でピクニック A family picnic..

Map of Tottori Prefecture

Map of Tottori Prefecture (Photo credit: Wikipedia)

連休に息子が帰って来て、以前から 思い出の場所に行って お弁当を食べたいとのことで・・・親子3人の小さい夢が実現出来ました。佐治村の奥にあるたんぼり荘に行って来ました。子供 4人が小さい時に よく訪ねった素敵なところです。山に囲まれている川辺に座り 自宅で作った お弁当を食べました。そろそろ、コーヒーを飲み始めて、息子に最近の様子を「調査」しようと思ったら 大雨に降られ、車までダッシュ!!

でも、楽しかった・・・ 家庭料理を食べながら 素晴らしい自然に囲まれるも幸せですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Son came home for the 3 day break and we all decided to go on a picnic to a place we used to visit when our children were small. So we decided to go to Tanbori So in Saji Village.

Saji village is located in the mountains in Tottori Prefecture, we found a nice spot next to the river, surrounded by the magnificent green mountains…. Life if good!! So,, we sit down, and start to eat our multicultural lunch box ( Korea, Japan and Australia) and as we finish and reach for our coffee….just when I plan to start interrogating our son about his life…it RAINS!! So we make a hurried dash to our car….

Even the sudden rain didn’t ruin our perfect day.

女性は警察官になれないかもね・・・An impossible dream for Japanese women if they want to join the police force.

テレビで鳥取県警の新卒採用試験の案内を見ました。男性18人、女性3人・・・
次男とみて、二人とも びっくりしました。鳥取だから???こんな性差別で良いですか??女性陣・・・残念ね・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Watching TV with my son, and we see an advertisement for next year’s recruitment for the Tottori Police force.

Wow……..next year they are accepting 18 men and 3 women……. My son was so surprised he took a photo. Blatant discrimination or what???? Bad luck girls…………

鳥取笹すしで祝う会 A celebration at Sasa sushi………..

Tottori-sakyu Sand Dunes

Tottori-sakyu Sand Dunes (Photo credit: sumisso)

試験勉強していて ブログ投稿時間が あまりなくて・・・又、食べ物ネタで 妥協・・・・

しかし、嬉しいことがありました。長女が 転職でつぎの仕事は難関の オーストラリア文部省に決まりました。仕事の合間にしばらく 鳥取に帰り、せっかくだから 一緒に 笹すしでお祝いしました・・・・親の鼻が余計に 高くなりました。頂いたご馳走を 見て下さい・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I am studying for an exam so I haven’t had much time for my blog…so I resort to what is simple → foody stuff!!

My daughter is in between jobs. In fact she has been offered a permanent position in the Department of Education. So we took her out for a little celebration at Sasa sushi in Tottori. Proud parents………

Hope you enjoy the pics of the amazing food.

変な英語を使わないで!! Stop using crappy English in Japan….PLEASE

"Skeleton of human (1) and gorilla (2), u...

“Skeleton of human (1) and gorilla (2), unnaturally stretched.” Size: 4.9 x 5.5 in² (12.4 x 13.9 cm²) (Photo credit: Wikipedia)

以前から 気になることがあり、ブログで投稿することにしました。と言うか言わせて貰い。

今回は、日本人の変な英語使い方について・・・

まず、美しい日本語を使わず、笑われる(馬鹿にされる?)ような 英語をどうして 使いますか。 最近、特に 気になることはhumanの使い方。human の意味は人間ですね。

ある大学のモットは smart and human…. 変なの!! 賢いと人間????どうして???その大学で 母国語が英語の教師もいらしゃるのに・・・どうして????

笑っちゃう! 馬鹿みたい・・・・ そして、鳥取市内に Haradian Human Place と言うビルがあります。その持ち主は確かに 原田さん、でも彼は 元英語の先生……

自分の名前の後に「ian」を付けてどうつもり???国???Human Place?? ええ??人間の場所??? 当然なことでしょう????そして、今日・・・・又、見ました!! 今度はHuman Living…….ええ??人間が生きている???当たり前でしょう???

変!変and 変!!日本語を使って下さい! 英語をきちんと使えないなら辞めて欲しい・・・・不愉快です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

There is something that has been bothering me for a long time about the Japanese use of English…….it is pathetic, it makes no sense and I am sick of it…

Lately the use of words like human has gone too far.

A university uses a moto: smart and human………..What do they actually mean? You would think with English native speakers on their faculty they could have consulted someone??  In Tottori there is a building called Haradian Human Place. The owner- Harada san used to be an English school teacher….give me a break?? What is a human place?? We assume that humans live in the building. And today I saw this: human living……… give me a BIG break!!! Of course we are living….we ARE humans!!!

Japanese is a beautiful language….so why use incorrect English when something more appropriate could be used in JAPANESE!!!

日本で使うイラつく英語の単語・Improper use of English words that get under my skin.

ワードにスペルチェックがあるでしょう?英和辞典もあるでしょう?日本カリキュラムに英語が含まれているでしょう?

じゃ・・どうして間違えだらけの英語が目につく???

今朝、鳥取賀露港に行って来ました。道がとっても綺麗になり快適です。行きながら道の看板が目につきました。Tottori Wharf-  Wharfの意味→積み降ろしのためづけになるできた構造物・・なるほど・・・そうする帰りにその看板の反対面を見るとTottori Whalfと書いてありました。Whalfの言葉は英語に存在していません。「r」と「l」を間違えているんですね。恥ずかしい!鳥取市の恥!最初に出来たらどうして二回目に間違える?最終チェックはどうして出来ない??

そして、今日、友人と一緒に鳥取で出来た新しいカフェ・・・メニューを見ると “Today’s launch menu” と書いてありました。フランス語ではないし、ちなみに launch は英語で 出発、進水させる,起こす,発動する の意味がある・・・きっとメニューに隠れたおしゃれな意味があると思い・・私と友人が訪ねました。びっくり!! なんと・・・・launch はlunch(昼食)のつもりだったそうです。lunchと言う言葉は中学校一年生の英語じゃないですか。 恥ずかしくない??人前に出すならどうして 前もってチェックしない???恥ずかしい・・・・・

日本の英語教育が悪いと言う前に 一人一人がチェックをして欲しい・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The use of misspelled English words in Japan is something that gets under my skin. These days we can use spell check, the internet and there is the old fashioned dictionary. AND let’s not forget that English is an important component in Japan’s national curriculum….

Today I drove out to the Karo Port. There is a new road and I was quite impressed. Then I noticed a sign that said “ Karo Wharf”…interesting, an international perspective, then on my way home I noticed the reverse side of the same sign said “ Karo Whalf”…….. how come? The first time around the spelling was correct so who got lazy and didn’t check the reverse??

Today I went to a new café with a friend. The menu said “ Today’s launch menu”…. I was wondering if they were really intending to write “launch” with on purpose with a special message? My friend and I enquired and they told us it was supposed to mean “lunch”…………OK, isn’t the world “lunch” taught in Year 7 at school in Japan? How can someone make such a careless mistake? What is wrong with checking before the menu is printed and presented to customers? Possibly some people might see the silly mistake and be less than impressed? Please…. use spell check or a dictionary if you HAVE to use English for Japanese who do not speak English………………….