やり遂げた帰国 An triumphant trip home….

A exposure blended photo of the Sydney Opera H...

やはりシドニー→鳥取は長旅です・・・・起床してから就寝まで ほぼ21時間の長い 一日でした。搭乗する少し前に 父が寂しそうに 電話を掛けて来ました。「よく頑張ったね。早く戻って来てね」と言われ、少し 泣きそうになりました。 私は50過ぎても 娘だと 思った。でも、私にとって嬉しい 帰国でした。修士号取得を目標持って出発をしたのは二年前・・・50歳過ぎた私は 本当にやり遂げました!復学をして 辞めていく社会人学生の中で私は 何とか残れました。

Map of Tottori Prefecture.

ダーリンが 空港で待ってくれていました。嬉しかった・・・・

昨日は Yさんにも会えて元気そうで 何よりも・・・

やはり 疲れかしら?自宅に帰り48時間以上経っているのに 一本も出ていません・・・昨夜は7時に寝てしまいした。寒いし・・・・

黒い正装の卒業式は来年の6月です。 それまでは 次のステップの準備に忙しくなりそう・・・今、少し のんびりしても 良いかもね?

懐かしい顔に会えるのを楽しみにしています・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

It is a long trip from Sydney back to Tottori. I was up at 4am Sydney time and didn’t get to home until 1am Sydney time…21 hours!! Just before I boarded I had a phone call from Dad…. he praised me for my efforts and suggested I come back as soon as possible. I am over 50 but I am still a child…..

It was a happy trip back. I kept thinking about my last two years. I left with the intention of coming home with a Master’s degree and while many mature age students drop out somehow I survived!!

JM was at the airport to meet me, it was sooooo nice to see him.

Yesterday I caught up with Y san, she was looking good.

I guess I have been a little tired? I have now been home for over 48 hours and I have not stepped outside of the house once!! It is also very cold compared to Sydney. Yuck. Last night I went to sleep at 7pm….. I just couldn’t stay awake! Oh well, I will be in the next few weeks so good to rest up when I can.

My formal graduation is in June next year…I have lots of things on my agenda in the next few months.

I’m looking forward to catching up with friends….

Advertisements

可愛い訪問者 A sweet visitor

もうすぐ 帰るのに 初めて, 大好きな可愛い クッカバラ(鳥)が マンションのバルコニーで休憩してくれた。縁起が良いような気がする・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Just when I am about to go home a Kookaburra pays me a visit. The first time ever….maybe it is good omen??

二年間を振り返る 2 years of study…almost there.

Global Lounge at Yonsei University, Seoul, Sou...

Image via Wikipedia

Sogang University

Image via Wikipedia

underwood hall, yonsei university
Image via Wikipedia

修士課程が終わりました。論文の結果が出て、試験の結果を待つのみ・・・・振り返る時が来ました・・

27年ぶりの復学でした。この二年間 色々ありました。最初は勇気が必要 でした。ダーリンと離れて暮らすことに中々慣れなかった。PCのない時代に大学を卒業しているため あまりに変わっていてびっくりしました。辛いことは たまにありましたけど 何でも新鮮で挑戦的でした。若い人との振り合いも楽しかった。老化していると思い込んだ脳も再利用が出来て嬉しかった!!韓国に居る間、ダーリンが3週間に一度のペース 来てくれました。最初の時、一緒に来てくれて 銀行の口座、携帯電話の手続き、バスの乗り方などまめに教えてくれました。最後の時はお迎えに来てくれてさすが愛情を感じました。

延世大学の語学堂の先生が私と同じ年で 在日の研究をしたいと 申したらとっても可愛がってくれました。最初は心細かったので 人の親切に 救われました。毎月の学生コンパも楽しかった・・・死ぬ思いで試験勉強をしてそれなりの成績を取りました。30年ぶりに大学受験をして高麗大学の国際大学院に入り、インテリに囲まれ、幸せでした。雑談は 議論で 何となく私に向いていた。何の違和感がなく私を 友人にしてくれた 若いお友達に感謝・・・韓国語の講座は涙が出るほど笑いの多いものでした。韓国文化の講座は 確かに教授が怠けていたけど 自力で勉強した私たちは いつの間にかに見についていました。韓国美術史の教授は一番自信がないと言いながら 工夫され一番面白い 授業してくれました。中には博士号を持っている教授が 人生の勝ち組と勘違いされたりして いました・・・まあ良いけど・・・

西江大学語学堂の先生が 優しくてプレシャなく 入学2週間後に 不安だった会話を 話せる自信を付けてくれました。嬉しかった。

シドニー大学の美しいキャンパスのお蔭で 登校が幸せに感じました。頭の良さそうな

学生に 最初 不安を感じました。論文選択コースは 優秀な学生、つまり 博士課程に進みたい学生に限られている。論文の担当教授が 最初の面談で「あなたの年齢で論文を書くことは 勇気がいる」と言われました。その言葉を 励みにしました。いまから考えるとよく この私を引き受けて下さいました。彼も不安だったかもね??

授業にしても論文を書くのは 何一つ難しいと思いませんでした。と言うか・・・難しく考えたら何にも始まらない・・・・努力だけはかなりしました。毎日、毎日、朝から晩まで机に向かいました。最後の学期は授業が月曜のみ、 他の日は おしゃれをしない、お化粧をしない、お金を使わない、人に会わない、自分と向き合う毎日でした。お蔭で 7ヶ月で120ページの論文が仕上がりました。確かに大変でしたけどストレスではなかった・・・

日本に居る親類や友人が論文の研究に協力をしてくれました。 たくさんのアドバイスをしてくれたり、学校時代の辛い体験談を書いてくれたりして人の輪を感じました。

大学院を卒業した仲良し が私を励まし続けてくれました。最後に新聞の編集者を経験している弟が 論文を校正してくれました。何回か怒鳴れられたような気がするけど 姉弟じゃなければ 言えれないことを言ってくれました。

今となっても それほど 自分に自信はありません。今まで頂いた成績は人のものではないかと思うほど 良すぎるけど これから人 以上の地道の努力が必要・・・・

若く結婚をして子供を産み、後悔と言えば 大学院を昔 中退したことだけでした。途中で辞めた修士号だけ取り戻したかったです。実現になって来ました。では・・・これからはどうするかと 言うと まだまだ勉強を続けたい!!小さいなりに 在日社会に研究と言うかたちで 貢献をしたいと思います。ダーリンもそうして欲しいと 言ってくれています。 具体的なことはこれからですが 数週間前ほど 論文の担当教授の計らいで 以前から尊敬を申し上げている有名な在日研究の学者に 合わせて頂きました。何と・・・私を博士課程の学生に迎えても良いと 言って下さいました。良妻賢母を目標とした人生でしたが 自分と向き合うことにより 自分を見つけることが出来ました。人が私自身を認めてくれることに気が付きました。

二年を振り返るとたくさんの人の顔を思い浮かびます。感謝・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

The end of my Masters…. My dissertation has been marked and I wait on my exam results…now a time for reminiscing. After a hiatus of 27 years I returned to study. Looking back, I think I was brave…

It was hard living away from JM. I graduated from university before computers, so the changes in the learning environment proved to be confronting at times. Sometimes things were tough but mostly the new challenges gave me a new lease on life…I loved mixing with young people and realised that my “senior brain” could be transformed to a “junior brain” with a little rehabilitation.

When I was living in Korea JM came every 3 weeks to see me. When I first went to live there, he helped me set up my bank accounts, my mobile phone and he even showed me how to use the buses…. When I finally left he came over to help me with my heavy bags…. what a guy!

At Yonsei University my teacher was my age. When she heard I wanted to do research on zainichi Korean she was thrilled. I did feel lonely and lost to begin with but this type of kindness helped me. I attended monthly class parties…it was fun. I studied really hard and was pleased with my results. I applied and was accepted to the Korea University Graduate School of International Studies, I loved being surrounded by intelligent people. I loved debating with my friends rather than gossiping. I loved my young friends who accepted me as their friend immediately.

I loved our Korean language classes, our teacher made us laugh enough to cry. Our Korean Culture lecturer made us think for ourselves. The History of Korean Art lecturer constantly told us she wasn’t a good teacher but somehow I enjoyed her class more than the others…I guess she was wrong about herself? There was a lecturer who seemed to think that she was the most important person in the world because she had a PhD…. Oh well.

At Sogang University the laid back style of teaching language suited me and within 2 weeks I felt more confident in speaking. I soon worked out it wasn’t actually that laid back but just a different approach.

I just loved the Sydney University Campus….I looked forward to attending classes because it was so beautiful! Everyone looked exceptionally intelligent and I wondered if I would be able to cope. I elected to take the dissertation option in my coursework in the hope I might be able to continue and do further research later. At our first consultation my supervisor said “ you are very brave to write a thesis at your age”. I guess I was but I decided I could do it….Now looking back I think my supervisor was the brave one taking me on as his student! Many thanks…..

The classes and writing the dissertation were not difficult, if you tell yourself they are you may as well just give up! I did work hard, every day I sat at my desk from morning till night, I didn’t meet people, I didn’t wear makeup, I didn’t even use that much money!! In 7 months I wrote a 120 page dissertation. It was a lot of work but not that stressful.

Friends and family back in Japan encouraged and helped me with sources for my research. They wrote about their difficult experiences at school, and I learnt the importance of good friendships. Friends who had previously trodden the same path were a great source of encouragement. My brother proof read my dissertation for me and told me things only a sibling can be direct about….

 I have regained my self- confidence that I lost in being a wife and parent for many years, however I am in no way over confident, I realise I am one of those students who has to put her head down and work!!

I married young and I gave up doing a Masters after I started, it was the only thing I seriously regret in life, but I have been given this wonderful opportunity and now attaining a Masters degree has become a reality. But now I feel I want to do more… and I would like to make some sort of contribution to zainichi Korean research.

A few weeks ago my supervisor introduced me to an academic from Tokyo who I greatly respect. He seemed positive regarding the possibility of accepting me as his PhD student.

I have spent the last 31 years trying to be the good wife and the good mother, but somewhere along the way I feel like I lost myself. My experience as a student has helped me reclaim who I really am and people now identify me as individual rather than an attachment.

Reminiscing over the last 2 years I recall lots of smiling faces…. Many thanks to all.

聖人メアリマキロップ  Mary McKillop Saint Mary of the Cross

Sister Mary MacKillop, australian nun (1842-19...

Image via Wikipedia

シドニー生活がわずかとなりました。帰る前にどうしてもオーストラリア初のカトリック聖人メアリマキロップが埋葬されている教会に お参りをしたかった。次男も付き合ってくれてとっても嬉しかった。お墓の前でお祈りを捧げ 不思議に心の底から 安らぎを感じました。後で車に乗り、涙がボロボロ出しました・・・どうしてでしょうね?  ジョセファイット修道会のシスターが聖人メアリマキロップと同様 しっかり者が多いと知っていました。教会に着き、行き方が分からないので シスターに聞きました。そうすると息子に「ここのドアから入れるよ。お母さんに開けてあげなさいよ」と言いました。さすがしっかり者のシスターで私も少し笑った・・・・・

・ 聖人メアリマキロップが私達を守りますように・・・・ 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。Not long left before I leave Sydney. I had one last place I needed to visit before my departure. The tomb of Mary McKillop- Saint Mary of the Cross….Australia’s only saint. My son kindly said he would accompany me. As I knelt by the tomb of Saint Mary I was overcome with a great feeling of peace…. and when got in the car, the tears started…I don’t know where they came from… I knew the Josephite sisters tell it like it is….but it made me laugh when one of the sisters told my son he could open the door for me to enter the chapel.

Mary Mackillop Chapel, nth sydney

Image via Wikipedia

May Saint Mary of the Cross protect us…

韓国の好きなところ Things I like about Korea…

私は韓国人の外国人妻の会の会員です。 支え合う中でやはり 悩みを打ち明けることが多いです。でも、一人の奥さんが 韓国の大好きなは何かと皆さんに問い掛けた・・・

私は次のように 考えました→

国籍を関係なく、上下関係を重視する儒教韓国では外国人同様に年上を敬う・・・

夫の韓国の甥や姪は私を韓国の叔母同様に大事にしてくれる・・・

夫の儒教的な教えのおかげ私達の子供がオーストラリアのお爺ちゃん、お婆ちゃんまで 非常に大事にします・・

韓国で一人生活をしていた時、 たくさんの方に暖かく支えて貰いました・・・・

何を考えているか分からない民族より「イエス」と「ノー」がはっきりしている韓国人は付き合いやすい・・・

愛国心が異常かと 思う韓国人も大好き・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I belong to a group of foreign wives married to Korean men, we do our best to support each other  but sometimes things can become negative…so today a clever woman suggested we share what we like about Korea. This is what I had to say-

I LOVE how Koreans don’t make exceptions for foreigners when respect for one’s age is in question.
I LOVE the fact that my husband’s Korean nieces and nephews respect me as much as they would a Korean auntie.
I LOVE the fact that my husband’s Confucian teachings have rubbed off on our kids enough to treat my parents with the greatest respect.
I LOVE the way I was treated so kindly by people I hardly even knew when I lived in Korea alone last year.
I LOVE the way you know where you stand with Koreans, good or bad there is no mucking around!
I LOVE the way Koreans are also fiercely proud of who they are…….

The earliest surviving depiction of the Korean...

Image via Wikipedia

子供たちとメルボーンまでの卒業旅行 A graduation trip with my kids to Melbourne

次男と(次女の付添)メルボーンまで卒業旅行に行って来ました。両親の故郷がアドレドードのため 恥ずかしながらメルボーンはあまり知らない。イギリス的な上品な街でした。シドニーの人よりは上品で礼儀正しいと感じました。友人に会い、美味しいものを食べ、トラムを乗り回した・・・・ギリシャのカフェを

Dimitri’s Feast

http://www.demitrisfeast.com.au/

二回行って来ました・・・最高でした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Well…son and I (accompanied by daughter) have just returned from our graduation trip to Melbourne. My parents were originally from Adelaide, so I don’t know Melbourne at all…it was great, catching up with friends, eating, sightseeing, shopping and riding those funky trams….. wish we had them in Sydney.

Melbourne people are definitely more classy and politer than Sydney siders.

We found a fantastic Greek café called Dimitri’s Feast-

http://www.demitrisfeast.com.au/

We went there TWICE!! It is the best café food we have ever had….all the more interesting with its Greek flair…. Highly recommended!!

Princess Theatre, Melbourne, Australia

Image via Wikipedia

ムカツクこと と結構 嬉しかったことSomething annoying and something good….

Princess Theatre, Melbourne, Australia

Image via Wikipedia

出来るだけ否定的なことを書きたくないブログですが たまに・・・・腹が立て不愉快のことがある・・・

月曜日から水曜日まで次女と次男と一緒にメルボーンに行って来ました。友人と会い、美味しいものを食べて観光と買い物をして来ました。

今朝、疲れたところで ムカツクメールを見ました。目的がよく分からない礼状?か令状?のメールでした。私が気にし過ぎと思い、数人に見せたら、皆 が驚いていました。私達夫婦の生き方を否定しているニュアンスの余分なメールで一日気分が悪かった・・・・

午後になり論文の担当の教授からメールがありました。論文の点数が出ました。博士課程に入学出来るラインの点数を随分オーバを取れました。とりあえず 嬉しい・・・・点数の付け方が非常に辛いシドニー大学ですけど 教授が 褒めてくれました。しかし 彼は「私ならもう少し高い点数を上げたね」と言ってくれました・・・やはり色々な考えがあり人文学は主観的で正しいことはない・・・・・

研究に大変なご協力と支えになった下さったことに心より感謝しています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

I don’t want to make my blog a platform for writing negative things but really….. something made me angry this morning.

First of all, I just got back from Melbourne with daughter and son  …we had a great time meeting up with friends, eating, shopping and sightseeing.

So, this morning I get an email from someone who might have had good intentions but it made me see red, couldn’t quite understand if it was a thank you email or an email ordering me to do something. In any case sensitive me had a few friends check it out and everyone found it rude. I took offense to the tone of the email, and felt the writer was being judgemental about our lifestyle. Not nice……

Then this afternoon I got the grade for my dissertation,my supervisor tells me it is a very good grade, I received well above the required grade I need to do a PhD. But my supervisor tells me he would have given me a higher grade if he was marking, but in humanities everything is subjective and there is no “right”…..