台風と 親孝行の娘 A typhoon and a caring daughter …..

Osaka

Osaka (Photo credit: Bellevue Fine Art Repro (Scott))

テレビで台風を見て→大阪で 51歳のオーストラリア人女性が頭を打ち怪我をした・・・とのこと。心配した次女から メールが来ました。「今、大阪?」、「家だよ」と答えたら「転んで頭を打つのは お母さんがしそうなドジのことだから・・・」と心配してくれました。ありがとうございます・・・・・親孝行の娘・・・・

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5144653.html

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Watching the news- a 51 year old Australian woman in Osaka hit her head during the typhoon….daughter contacts me to ask where I am….. she thought it could be me because (according to her) that is the sort of clumsy thing I do…. thank you for your concern daughter……

Advertisements

学者として良心を曲げない、事実は事実として明らかにする内藤正中教授. Prof. Seichu Naito, an academic who will not compromise his conscience on the legal ownership of Takeshima/Dokdo.

The Liancourt Rocks, known as Dokdo (or Tokto,...

The Liancourt Rocks, known as Dokdo (or Tokto, 독도/獨島, literally “solitary island”) in Korean, as Takeshima (竹島, Takeshima, literally “bamboo island”) in Japanese. (Photo credit: Wikipedia)

金曜日は図書館を訪問する日です・・・ インタネットで文献探ししている時に 偶然 島根大学、名誉教授の 内藤正中教授の本を 見つけました。

内藤教授は 歴史学者、そして日本では 竹島(独島)の有名な研究者 だそうです。

島根県との縁が深い人物で、歴史学者だった内藤教授の父親も島根県 生まれ。京大出身の内藤教授は、独島についての研究を始めて以来「独島は日本の領土ではない」という主張を曲げていない。
そんな内藤教授が故郷に背を向けるというのは、人間的に容易なことではなかったはずだ。

最近、「竹島(独島)は日本固有の領土だと主張する野田佳彦首相の発言は理解しがたいものですと 野田首相の発言を批判した。

 

官学(政府が認める学問)より権力に素直に従わない姿勢はさすがですね。京大は何故 東大より多くのノーベル賞受賞者を輩出しているのが理解出来ます。内藤教授の「学者としては良心を曲げるわけにはいかない。事実は事実として明らかにする」との発言に私は感銘受けました。
鳥取藩の文書を見た以上、「学者としては良心を曲げるわけにはいかない。事実は事実として明らかにする」と語った。京都大学出身の学者として良心を守ってきたプライドがうかがえる。

事実をありのまま 伝える 素晴らしい内藤正中教授にあってみたい・・・・
政治家は歴史家でもありません・・・・

リンク→

<インタビュー>独島専門家 内藤正中・島根大名誉教授に聞く

聯合ニュース 9月13日(木)18時52分配信

<インタビュー>独島専門家 内藤正中・島根大名誉教授に聞く
拡大写真
内藤正中・島根大名誉教授=(聯合ニュース)

【湯河原聯合ニュース】「竹島(独島)は日本固有の領土だと主張する野田佳彦首相の発言は理解しがたいものです。最近の日本の学会でそんな主張をする人はほとんどいません」――。
島根大学の内藤正中名誉教授は12日、神奈川県・湯河原で取材に応じ、野田首相の発言を批判した。
2年前に病を患い外部での活動ができなくなった日本最高の独島専門家の声は、力は弱かったが学者としてのプライドを強く感じさせた。
1990年代半ばに島根大を定年退職し鳥取短期大学に移ったときに、鳥取に独島に関連するさまざまな資料があることが分かった。それまでは皆、東京の外交史料館を利用していた。「私が初めて鳥取県の資料を世の中に引っ張り出したんです」
その資料がまさに、鳥取藩が1695年に徳川幕府の問いに対し、鬱陵島と独島は鳥取の土地ではないと回答した文書だ。徳川幕府はこれを根拠に1696年に「鬱陵島渡海禁止令」を出した。
日本政府は今になって、当時渡海を禁止したのは鬱陵島のみで独島は除外したとして、17世紀に独島の領有権を確立したと主張している。しかし、内藤教授が提示した鳥取藩の文書を見れば、当時独島は日本の領土ではないと線引きされたのは明らかだ。
内藤教授はその後20年間、独島は日本固有の領土ではないと主張してきた。
2008年に外務省が出したパンフレット「竹島問題を理解するための10のポイント」に反論するために、「竹島=独島問題入門―日本外務省『竹島』批判 」を出版した。
当時、韓国内では韓国政府ができなかったことを日本の学者が行ったと評価された。内藤教授の努力により、独島は日本固有の領土であるとの主張は日本の学界で影を潜めた。
「日本人なのにどうして」、という質問に答えるのは簡単だった。
鳥取藩の文書を見た以上、「学者としては良心を曲げるわけにはいかない。事実は事実として明らかにする」と語った。京都大学出身の学者として良心を守ってきたプライドがうかがえる。
一番のやりがいは、政府の主張を正面から非難したことで、「学者冥利(みょうり)に尽きる」と話す。
しかし、内藤教授の努力がすぐに「独島は韓国の領土」という結論に結びついたわけではない。「日本の領土ではないが韓国の領土でもない、領主のいない島」という論理に結びつきかねないからだ。
最近の日本の学界で言われているのがまさにこの論だ。内藤教授もこの点を指摘する。
韓国が「独島は韓国領」であることを主張するためには、日本が1905年に独島を編入する前の1900年に大韓帝国が出した勅令41号の中に示されている石島が、独島だということを証明しなければならないと指摘。そうでなければ当分論争は続くと話した。
感情的にならず、論争の争点を把握し議論を深めるのに有益な資料を探すことが求められている。
韓国の学者に対しては、日本の学者たちと話し合うことまで避けてはならないと忠告した。相手が何を主張し、何を気にしているのかを知らなければ、説得も論争もできないというわけだ。
学者同士で資料を広げ議論する必要があると指摘し、議論するからといって島を半分渡すようなことにはならないと話した。
韓国人以上に真剣に独島に対し悩んできた日本人教授の助言だった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Friday is library day. In my search for new sources I found a very interesting author. Prof. Seichu Naito from Shimane University. It seems that Prof.Naito is one of the most formost researchers on the history of the disputed islands- Takeshima/Dokdo Islands. Not surprisingly he has received little attention in the press as he doesn’t follow the government ideology that Takeshima belongs to Japan. As a result of long years of research Prof. Naito believes the disputed islands actually belong to Korea.

What is surprising is that Prof. Naito is a native of Shimane Prefecture, where Takeshima is supposed to be belong.

Despite government pressure to change his stance on the legal ownership of Takeshima/Dokdo, Prof. Naito goes on to say that he cannot and will not compromise his conscience as an academic. I find that dedication like this extremely inspirational.

Prof. Naito is a graduate of Kyoto University where they encourage independent thinkers. In comparison graduates of Tokyo University follow  government doctrine and have not produced nearly as many Nobel laureates.

I have nothing but the deepest respect for an academic who will not compromise for the sake of saving himself.

社員と大山合宿 A retreat with our employees at Daisen

English: The view of the highest peak of Mount...

English: The view of the highest peak of Mount Daisen. (Photo credit: Wikipedia)

数日前、 社員と大山で とやま旅館で合宿をしました。寒かったですね!鳥取市内との気温差が結構あり、びっくりしました。

勉強会の長時間の前後、修行と言うことで 我が社の社員が 一生懸命 とやま旅館を掃除しました。本当にピカピカになりました。素晴らしかったです。お疲れのところで、夜の御馳走も美味しかったはず・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

A few days ago we visited Daisen for a retreat with our employees. It was very cold, I was really surprised as we are still using air conditioners just 70kms away at home.

After long hours of swatting, our employees then cleaned the inn, it was squeaky clean when they finished. We were so proud of their efforts. I am sure they enjoyed the delicious food just as much as we did……..

歴史を否定することは 次世代から未来を奪うことです。The denial of history equates with denying Japan’s younger generation a future.

ナショナリズム台頭の環境のなか、日本に良心のある人がいます。9月23日、大阪で慰安婦問題の集会に出席しました。妨害があったに関わらず、400人が参加しました。

講演のため、わざわざ 韓国から お越しになった強制連行された 金福童さんは86歳の高齢に関わらず、 張りの良い声で強制連行の事実を話してくださいました。 金さんによると、14歳のとき村の班長と「軍服のような服」を着た男に「軍服工場で働きなさい。そうしないと財産が没収される」と言われた。結果的に 工場どころか 14歳の少女 金福童さん が台湾経由で広東につれて行かれ、門の前に監視員がある、逃げることが出来ない 慰安婦所で毎日、毎日 平日は15人、週末は50人の兵隊を相手にさせられ、性的暴力を受け続けた。

その後、香港、シンガポール、スマトラ、インドネシア、マレーシア、ジャワへと軍隊とともに移動を続けた。

社民党の服部良一さんが 冒頭に素晴らしい挨拶をされました。歴史認識問題で 日本の将来はどうなるか と心配の声を上げました。

排外的な発言をする 大半の政治家の なかで良心がある政治家も居る!!少し安心しました。

元慰安婦で証言が出来る 人は後 数人しか生きていません。日本政府は彼女たちが死ぬのを待っているでしょう?

よく考えてみてください。加害者が何にもなかったように事実を否定続きながら横柄な態度で腕を振って堂々と歩いていく、被害者が事実を訴えつけないといけない状況は異常な状況ではありませんか。世界から これだけの根拠のある証拠が出ているなかで 日本はどうかしている。解決は正しい歴史の学びに限る問題です。

戦後、60年が経っても隣国に これだけ 反日運動が行われている事実に日本は自己反省をしなければいけないはず・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Despite the rise of nationalism in Japan, some people have a conscience. On 23rd September, I attended a rally for former comfort women in Osaka. Although right wingers tried to prevent the meeting there were 400 people in attendance.

Kim Bok-do, a former comfort woman of 86, came from Korea to the forum to bear witness to the atrocities committed by the Japanese army in WW2.

60 years ago and Japan’s politicians still regularly deny these women were cheated and forced into prostitution. How can a country ever be trusted again as a culture of denial fostered by ignorance continues to be tolerated?

In a compelling voice, Kim Bok-do told us how she came to be a comfort woman. When she was 14 years old, a (Korean) village official, accompanied by a Japanese and a person wearing an army uniform visited her parents. They were instructed their daughter would be sent to a sewing factory in Guangdong. If they refused, they would be blacklisted, their estate would be confiscated and they would be sent overseas. With no other choice they were coerced into letting their daughter go. The 14 year old Kim Bok-do passed through via Taiwan and eventually ended up in a comfort station in Guangdong, where she was repeatedly raped day after day; she was forced to service 15 men on a weekday and up to 50 men a day on a weekend. There were guards at the gate and it was impossible for her to escape. After Guangdong she was taken to Hong Kong, Singapore, Sumatra, Indonesia, Java. She travelled with the advancing army contingents and the artillery. The comfort stations were located close to the front lines.

At the beginning of the meeting the Shaminto (Social Democratic Party) member Ryoichi Hattori said a few words; after becoming accustomed to politicians who lie I wasn’t interested in hearing what he had to say. However, I was pleasantly surprised, he turned out to be a politician with a conscience, one who advocates the teaching of accurate history, and the need to reconcile with Japan’s past in order to give young Japanese a future. In Japan’s more recent xenophobic environment, a politician with a vision was reassuring. Unfortunately the majority of politicians are waiting for the comfort women to die so they can close a page on the “Japanese history book of denial.”

However, it won’t work, for the time Japan, although being responsible for past atrocities, will continue to be arrogant while victims despite, sufficient evidence must repeatedly plead their case. Isn’t  there something fundamentally wrong with this state of affairs?

Unknowingly, while history is negated, the Japanese of this generation are denying the younger generations a future.

60 years after the war and Japan is still this distrusted? Why? The questions need to be answered by the Japanese themselves.

 

 

The role of language in nationalism. ナショナリズムと言語の関連

Facebook logo Español: Logotipo de Facebook Fr...

Facebook logo Español: Logotipo de Facebook Français : Logo de Facebook Tiếng Việt: Logo Facebook (Photo credit: Wikipedia)

In the past two days I have had two people comment on my so called incorrect use of Japanese on Facebook. Ironically, I was correct and they were not. If they want to find grammar mistakes it might just be easier to look at other Japanese posts, because incorrect grammar is in abundance. I have been singled out because I am not Japanese. I found these comments regarding my so-called mistakes offensive to say the least, and I am finding myself question the role of language in nationalism. As you might expect, I will not be posting in Japanese for a while…

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この二日間の間に フェースブックで二人から私の間違えた日本語について指摘がありました。一回目の方は後で自分の間違えについて、誤ってくれました。つまり・・・私の日本語に問題がなかった。そして、一週間後に又指摘されました。今回も私の文法が正しかった。今朝、他の人から個別にメッセージが来て、私の日本語を又、指摘されました。ショックでした。 私の日本語は日本人と同様、間違える時もあるけど、英語も間違えます。しかし、そのように特別に指摘されるレベルでもないと思います。フェースブックで日本人は 結構間違えた書き込みもしています。

今、日本社会ではナショナリズムが非常に気になります。言語(国語)と

ナショナリスムの微妙な関連もあります。日本人だから日本語が上手と正しいと限らないと思います。しばらく、フェースブックで日本語のコメントはしたくありません。がっかり・・・

親子でピクニック A family picnic..

Map of Tottori Prefecture

Map of Tottori Prefecture (Photo credit: Wikipedia)

連休に息子が帰って来て、以前から 思い出の場所に行って お弁当を食べたいとのことで・・・親子3人の小さい夢が実現出来ました。佐治村の奥にあるたんぼり荘に行って来ました。子供 4人が小さい時に よく訪ねった素敵なところです。山に囲まれている川辺に座り 自宅で作った お弁当を食べました。そろそろ、コーヒーを飲み始めて、息子に最近の様子を「調査」しようと思ったら 大雨に降られ、車までダッシュ!!

でも、楽しかった・・・ 家庭料理を食べながら 素晴らしい自然に囲まれるも幸せですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Son came home for the 3 day break and we all decided to go on a picnic to a place we used to visit when our children were small. So we decided to go to Tanbori So in Saji Village.

Saji village is located in the mountains in Tottori Prefecture, we found a nice spot next to the river, surrounded by the magnificent green mountains…. Life if good!! So,, we sit down, and start to eat our multicultural lunch box ( Korea, Japan and Australia) and as we finish and reach for our coffee….just when I plan to start interrogating our son about his life…it RAINS!! So we make a hurried dash to our car….

Even the sudden rain didn’t ruin our perfect day.

長男の帰省と研究計画書 A son returns home and I work on my research proposal.

帰宅して、3日経ちました。 やっと体が 回復しました。たった 二日しか 帰省していなかった 長男が嵐のように シドニーへ向けて 出発しました。この2年は あまり 家族に寄り付かなくて 長い間 あまり お話もしていないような 気がします。しかし、二日間の間、色々なお話をして、笹すしにも行き、(写真を見て) 楽しかった。出発後は 何とも言えれない 寂しさを感じました。 高速バスまで 送って上げて、自宅に帰り ダーリンに「寂しい」と言ったら 「僕が居るじゃない・・・」と言われ、嬉しいと 「そうだ」と 幸せに思った。立ち直りも早くて、やっと涼しくもなったので 夏の間 暑くて、利用が出来なかった 3階の部屋が又 書斎に変身・・・・昨日から 早朝 (6時から)受験に必要な 研究計画書に やっと取り掛かりました。 数か月がかかると 考えているので・・・少しずつ・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Three days home and I have finally recovered from my loooooong trip. My son was home for just two days and has left for Sydney. In these 2 years he hasn’t come home as often as he used to and it seems I haven’t talked to him for ages. We did have a great time together ( including a trip to Sasasushi), however after he left I felt overcome with loneliness. I mentioned it to JM and he said “don’t forget you have me”…. that really helped….. I guess I get over things quickly and as the heat is starting to subside I have reclaimed the 3rd floor attic room as my study again and have started working again( from 6 each morning)  on my research proposal for my university admission. I do like to do things thoroughly so I will work on it over the next few months. I plan to rush through the basic outline and go back and do touch ups….