落ちる日本。As Japan’s politicians let the country slowly die….

日本落ちるKatayamaFacist satsuki死刑 部隊

落ちる日本!レベルの低い政治家の症候写真―大宮西口に片山さつき議員&在特会日韓断交要求デモで 手を交わす 在特会⇔片山さつき議員。 日本の政治家は 票の為 排外主義者と 手を結ぶのは 何ともないようです。恐ろしい。 昨日は 安倍総理の主権回復ですか?この手を使って 主権回復? 恐ろしい・・・  朝から 気分が悪い・・・誰を信じたら良いか 分からなくなりました。 この国に生きて行くのは 正直 怖くなりました。 最後に 在特会の新大久保の デモの一枚の写真を入れました。

 

良心のある方々?これは いかがなものでしょうか?

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

This is how far things are deteriorating in Japan. Yesterday, the PM Abe designated the day to known as “a return to sovereignty” translate- “we will rewrite history as we desire”. On the same day one of his politicians was out shaking hands with the Ultra-right, ultra-dirty, ultra-racist Zaitokukai? I didn’t believe this news until reliable sources started leaking through. Where is Japan headed? Will it have a future as a leader in the world? If it becomes anymore Fascist and unrealistic , it doesn’t stand a chance….

 

Advertisements

同じ思いの強い絆。 A strong bond.

japans-diversity-dilemmas-ethnicity-citizenship-and-education_000

この写真の真ん中で警官から、窓の外にポイと捨てられている小さな女の子が偶然にフェースブックの友人の お母様です。その後 お母様は民族教育者として模範的な人生を送って来られたそうです。 朝鮮学校の強制閉鎖により 宿命つけられた人生かも 分かりませんね。ところで 写真が表紙になっている 本は 友人の Lee Soo-im教授の素晴らしい著作です・・・びっくりと 言うより 同じ思いのある人に 絆と私は 考えます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

This picture was taken in 1948 when the Japanese Government ordered and forcefully closed Korean ethnic schools. The little girl in the middle, who is being harshly dumped  happens to be the mother of a FB friend. I am told her mother hence devoted her life to ethnic education and is still teaching despite her advanced age.

An interesting twist to this picture- the picture has been chosen for the cover of my friend Soo-im Lee’s book.

排外デモの取材 Racist demonstrations in Japan

初めて、日本の大手メデアが 取り上げたのでは ないでしょうか。良かったです。良心のある国民は 「酷い」と 思うはず・・・まず、知るところから 行動に・・・ 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
A major media network has FINALLY covered the hateful racist demonstrations going on in Japan. This won’t provide a solution to the problem, however it needs to be brought to public attention first before anything can be done…

靖国とアベノミクス Yasukini and Abenomics

ブルームバーグの ペセック氏が靖国と アベノミクスについて 良い記事を 書かれました。引用させて貰いました。
Bloomberg’s William Pesek has written a timely article on Yasukuni and Abenomics, a bad mix. I quote:

【コラム】アベノミクスに「靖国の影」を落とすな-W・ペセック

  4月25日(ブルームバーグ):日本の国会議員168人が今週、政治
的にやっかいな靖国神社に参拝した。これが外交的に忌むべき行動だっ
ただけでなく、経済的に見てもひどいものであった。

  参拝した議員らが重鎮ではない保守派だったからとして、メディア
はこのイベントを軽くあしらっている。そうした議論はもっともであろ
う。しかし、麻生太郎副首相が参拝したとなれば話は違う。

  中国や韓国で靖国神社は、20世紀前半の日本による占領時代に軍に
よって行われた残虐行為の象徴として受け止められているのだ。靖国神
社には一般戦没者とともに戦争犯罪を裁く国際裁判によって有罪となっ
た第二次世界大戦の指導者らも合祀されている。だからこそ、中国や韓
国でこうした怒りを買うことになるのだ。とりわけ麻生副首相の参拝の
意味は大きい。

  麻生氏は安倍晋三首相の右腕であり財務大臣で、首相が日本の失わ
れた20年間に終止符を打つべくまとめ上げた「アベノミクス」の顔とも
言うべき人物である。アベノミクスの主要な柱の一つは円相場を押し下
げて苦境にある輸出業者を支援すること。円の対ドル相場は過去半年間
に20%下落した。

  ここで麻生氏が真剣に考えるべき疑問は、もし日本製品の大口顧客
である中国と韓国が輸入をボイコットしたら、円相場を引き下げる意味
は何なのか、ということだ。韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は今
週に予定していた訪日をキャンセルしたが、通商担当の当局者も踵(き
びす)を返す可能性がある。中国の大臣らもそうだ。

  これが今後の悪しき予兆となる可能性もある。筆者が4月12日付コ
ラムで指摘した通り、安倍首相はナショナリスト的ルーツを決して忘れ
たことがない。それは第1次安倍内閣(2006-07年)当時の言動にはっ
きりと表れている。リスクは彼の高支持率と7月にも実施される参院選
挙で予想される大勝が安倍首相を勢いづかせ、日本の過去の軍国主義が
もたらした痛みがまだ残るアジア地域で威圧的な姿勢を示す恐れがある
ことだ。

  北アジアでは中国と日本、韓国が小さな島々をめぐって争い、また
北朝鮮の金正恩第1書記が武力によって脅しをかけており、いやという
ほど緊張が高まっている。こうした混乱した世界環境の中で、この地域
が最も避けなければならないのは、3400億ドル規模の通商関係構築に向
けた道筋に新たな紛争の種を持ち込まないことだ。もしアベノミクスが
日本を一層の繁栄の道に導くのなら、安倍政権チームはナショナリズム
を玄関口に置いてから事に当たるべきである。(ウィリアム・ペセッ
ク)

  (ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニストです。この
コラムの内容は同氏自身の見解です)
How the Past Gets in the Way of ‘Abenomics’
By William Pesek Apr 25, 2013 1:23 AM GMT+0900
This week’s visit by 168 Japanese lawmakers to a politically charged Tokyo shrine wasn’t just dreadful diplomacy; it was dismal economics, too.
Media reports pooh-pooh the event because many of the pilgrimaging officials were low-ranking conservatives. That might be a plausible argument if Deputy Prime Minister Taro Aso hadn’t made his own visit over the weekend to Yasukuni Shrine.
The Yasukuni Shrine is viewed in China and South Korea as a symbol of military atrocities during Japan’s occupation in the first half of the 20th century. The shrine commemorates Japan’s war dead, including World War II leaders convicted by an international tribunal of war crimes. Hence the anger these visits provoke in China and South Korea, especially when carried out by an official of Aso’s importance.
Aso is Shinzo Abe’s right hand and, as finance minister, the face of “Abenomics,” the prime minister’s nascent plan to end Japan’s lost decades. A key pillar of Abenomics is driving down the yen to help beleaguered exporters. The currency has fallen by 20 percent against the dollar in the past six months.
Yet here’s a question Aso should ponder seriously: What’s the point of a lower exchange rate if two of your biggest customers boycott your goods? South Korean Foreign Minister Yun Byung Se canceling a trip to Tokyo this week may prompt trade officials to turn their planes around. Chinese ministers, too.
It also could be an omen of things to come. As I pointed out in an April 12 column, Abe has never forgotten his nationalist roots, which were on clear display during his first stint as leader from 2006 to 2007. The risk is that his high approval ratings and a likely big win in upper-house elections in July embolden Abe to flex muscles in a region still smarting over its militarist past.
Things are tense enough in North Asia as China, Japan and Korea fight over tiny islands, and Kim Jong Un rattles his saber in Pyongyang. The last thing the region needs is another controversy getting in the way of a $340 billion trade relationship in such a chaotic global environment. If Abenomics is to guide Japan down a more prosperous path, Abe’s team must leave the nationalism at the door.

民団青年会 日本での反韓デモに抗議声明

protest2月9日 新大久保デモ死刑 部隊遅いような気がしますが、 民団が在特会にたいして抗議声明文を発表しました。 【東京聯合ニュース】から引用・・・
民団青年会 日本での反韓デモに抗議声明
2013/04/24 08:42 KST 文字拡大 文字縮小 印刷
【東京聯合ニュース】日本で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)など一部の団体が、「在日韓国・朝鮮人を殺せ」という過激なスローガンを掲げデモを繰り返していることに対し、在日本大韓民国民団(民団)の傘下組織が抗議の声明を発表した。
 在日韓国青年会の中央本部は23日に声明を通じ、韓国人を嫌悪するこうしたデモを「同じ人間として、超えてはならない一線を越えた。これ以上看過することはできない」と述べた。憎悪の混じった言葉と根拠のない「在日特権」主張のために、生活権が脅かされ、精神的な苦痛を受けていると訴えながら、「人種差別的な扇動に対し抗議し、実際に行動を取る」とした。
 民団、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が、こうしたデモに公式に声明を出すのは初めて。
 在日韓国青年会は18~35歳の在日韓国人3、4世が主要会員だ。中央本部の徐史晃(ソ・サファン)会長は聯合ニュースの取材に対し、「これまでは副作用を懸念し我慢してきたが、今後はそういうわけにいかない」とし、署名運動などの手段に言及した。

青山霊園にある無名の戦士の墓参り、A visit to the grave of the unknown heros.

Aoyama cemetary 004

東京生活が 始まり、一番に 行きたいところは青山霊園にある 解放運動無名戦士碑でした。今日、行って来ました。もうすぐの4月24日の阪神教育闘争 記念日前が 気になり警察に射殺された若い16歳の金太一さんの お参りに行って来ました。 何となく 気持ちが 落ち着いたかこれから 益々やる気を起こしました・・・そして、とっても 安らかな気持ちにしてくれました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

In 1948 the Japanese Ministry of Education ordered that all ethnic Korean schools be closed. The conflict that followed culminated in the April 24th Hanshin Education Struggle. In protest to the forced closures of Korean schools in Kobe on April 23rd, 1948, thousands of protestors gathered and on April 24th to demand a meeting with the Hyōgo prefecture governor, unfortunately, a young Korean man was shot in the struggle.

He is buried in a grave for unnamed heroes in Tokyo. Before the 24th April anniversary, I wanted to visit and pay my respects….today I managed to find the time and to find the grave, it is hard to explain but my visit left me feeling with a sense of peace…..

東京からおはやございます!Good morning from Tokyo!

東京に来て もう 3週間です。 やはり、二、三日の 旅行と違いますね。
住む 周辺に 外国人も多く、そのためか 誰にも 特別な目で 見られる事もなく、とっても 気が楽です。自転車を買い、近くの用事を 済ますに大助かり!
ここに来て分かった事は 鳥取に居ると 絶えず、自分が 誰とも異なる事であったので 何時も誰かに見られ、 気が休まる事がありませんでした。しんどかったです。
六本木にある 外国人の為の 教会に 行って来ました。英語で おミサを行う、とっても フレンドリーな教会でした。 初めて来た人を 全員立たせ(恥ずかしい)自己紹介をさせて 全員に歓迎の 拍手をして貰う。しかし、それぐらいじゃないと・・・・・
早速、鳥取カトリック教会から移籍の手続きをします。今から 思うけど 鳥取の教会を長く(20年)通っても 私を容認してくれても 心から私を受けられた事は 無かった。新しい神父様に 冷たくされて、我慢が出来ないと 思い、行かなくなってから誰かも 連絡は なかった。 真の キリスト教と 私は 思いません。
毎日、本と文との 奮闘が 始まりました。始まったばかりに 何が書けるかと

思います・・・でも、シドニー大学の教授の 言葉を 思いだし「何でも良いから 書くところから 始めるんだ・・・書いたら 見えてくる」最初 言われた事、「出来ない」と 思いましたけど・・・さすがに 初めて見ると 見えてきますね!昨日だけで 新しい発見がありました・・・
今日は 大学で 他のドクターコースの学生 2人と アメリカに居る教授と スカイプで ゼミ・・・どんなもんでしょう??
頑張って来ます・・・・
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
It is now 3 weeks since I moved to Tokyo. Life is different when you take up residence and are not just visiting for a few days.
There are many foreigners and tourists in the area where I live, no one looks at me and no one cares, it makes life so much more enjoyable for me. Now, I understand how hard it was being in Tottori, where I was ALWAYS watched ( particularly by the old man who stalked the entrance of my house, making it hard for me just come home and leave my house), to be honest there was never a time when I can could relax. Well, how about home then? In Japan there are always people making deliveries to your home, another visit that always reminds you that you are different.
I attended the English Mass in Roppongi at the Franciscan Chapel Center. It must be the friendliest and liveliest church I have ever visited. All visitors were asked to stand and introduce ourselves, a nerve racking experience but it shows that people care. I will be moving my membership to the church, good bye Tottori where you tolerated me but never accepted me. It is only now that I realize how cold it all seemed. I was a regular attendee for over 20 years, and on and off for 10 years as I had to commute to Australia, then my favourite priest passed away and a Japanese priest came. Well….I tried, but he was just plain cold, so I walked away, I deserve better……sadly after all of that time at the church, no one ever bothered to contact me and ask how I was, my absence was conveniently interpreted as being away in Australia. Oh well….I have found somewhere where I can feel at home.
I have started my research with lots and lots of reading. I have also started ( little steps) to write…. I remember my supervisor at Sydney Uni saying “write, write and write, then you will start to things more clearly”!….how wise! I have found a few interesting angles already.
Today I am off to my first seminar for doctoral students….a Skype seminar with our supervisor who is in the US on sabbatical. Quite excited….